スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のご報告

突然ですが、ブクログ始めてます。

http://booklog.jp/users/karirinko
(リンクは後日貼ります)

完全なる蔵書管理目的で、感想は書く予定はありません~。
てか、感想はこちらのブログで書きたいんですよ~。
更新サボリまくりの、どの口が言うかって感じですが(笑)

まあ、それはさておき蔵書管理。
こういう風に書くと何かカッコいいですが、要はBL管理です。
BL以外は登録してません!(エッヘン!)
しかし、BLだけで1500超えか…。
嬉しくも何ともないがな…(T_T)


で、その1500冊をどこに収納しているかというと、段ボール箱です。
引っ越す時には便利だけど、以前読んだ本を読み返したくなったり、人に貸したい本を探す時には甚だ不便な段ボール箱です。

本を探すのに要する多大な時間と労力の無駄を少しでも省くには、持ってる本のタイトルと所在を明確にするしかないかな~?
という考えでリスト化に踏み切りました。
最初は自分でエクセルとかで作るつもりでしたが、かなり手間がかかりそうなので、ネットの蔵書管理サービスを利用することに。

ついでに、押入内のデッドスペースを減らすためにバラバラだった段ボール箱の大きさも統一することにしたので、新しい箱に本を移し替えながら箱ごとにタイトル等を控えていきます。

段ボール箱には「Bー1」から番号を振っていって、これをブクログのカテゴリー名にすることで、どの本がどの箱に入ってるか分かるようにしてみました。

ちまちまちまちま、データを入力をし続け、先日よーやく持ってる全てのBLを登録し終えましたよ~。パチパチ(自分で拍手)

そして、早速このツールを活用する機会がやってきました。

とある方に本をお貸しすることになったので、ではリクエスト下さい~ということでブクログのアドレスをお知らせ。
そしてリクエストいただいたタイトルをブクログで検索して探す…といった作業をやってみたのですが…。

まあ、すごく便利!って程ではないですが、そこそこ便利に作業ができた…と思います。
てか、便利さを実感できるのはこれからじゃないかな…と期待してます(笑)

ただ、根が不精者なので、購入した本を登録したり、あるいは処分する本の登録の削除とかをサボりそうになるのが困りものです。
こーゆーリストは正確な登録こそが大事ですからね~。

昨日買ってきた10冊も早く登録しなければ(笑)
スポンサーサイト

本日のちまちま感想

最近とみに更新頻度が低下しているこのブログにおいて、更にとんとご無沙汰なのがBL本の感想記事。

一応それなりに新刊を買ってはいるし、読んでない訳ではないのだけど、感想を書きたくなるほどの作品…というか、それ以前に印象に残る作品に出会ってないとでもいいますか。

こんなことではイカン!と、久々に感想を書いて"カン"を取り戻そうと、頑張って途中まで書いてみたのだけど、どうしても自分の思う着地点に落ち着いてくれなくて、泣く泣く諦めました…。
くう。
こんなことなら、無駄に費やした時間で他の本読んどけばよかったなあ…。
てか、BLの感想を頑張って書く時点で何か間違ってる気がしないでもないですが。

なんて愚痴だけ書いてるのもあんまりなので、せめて一口感想文なりとしたためてみたいと思います。


「ももいろヘヴン」(BLエロ小説アンソロジー)
アンソロジーという形態自体があまり好きではないので迷ったのですが、結局まあいっか、で購入。
前半部分が楽しく読めたので、まあ元は取れたのですが、いくつかの作品は読むのすらしんどかった…。


「遠くにいる人」「それが愛だとするならば」(ひのもとうみ)
デビュー作と第2作になるのかな?
お話も面白いし、文章も上手いので、今後も買っていきたい作家さん。
ただ個人的にはまとまり過ぎてて物足りない感もあり。


「親友の距離」(杉原理生)
杉原さんお得意の同級生もので、リーマンもの。
杉原さんの描くキャラには堂々巡りに悩む人が多くて、結構イライラさせられるのだけど、杉原さんの文章だと読めてしまうのが不思議。
今回も途中どんだけ「さっさとくっつけ!」と突っ込んだことか。


「セーフティ・ゲーム」(砂原糖子)
最初は性格のよろしくない攻と天然な受の話かと思ってましたが、途中でおバカ攻の話だと気付きました。
が、どうしても受の女装が痛々しくて、おバカさを楽しめなかったのが残念。



と、まあ、今回はこんなとこですかね。
なんか思ってたよりも少ない冊数で、自分でもガッカリなんですが。

…はああ。
もっと勢いで感想書きたくなるBL本にそろそろ出合いたいもんです…。

本日の相性問題

木曜日にとある作家さんのリ○クスの新刊を購入し、その日のうちに読み終わったのですが、なんか、あんまし、面白くなくてガックシ…。

同じ作家さんの、その前のプラチナ文庫の作品が結構面白かったので、その分の期待もあったからかもしれないのですが、それよりも、ふと、とある可能性に気付いてしまいました。

ひょっとして、私、リ○クスロマンスとの相性があまり良くない…?

そういえば、リン○スロマンスだと、好き作家さんの作品であっても、イマイチ好みじゃないのってのが、これまでにも結構あったような…。

かわい有美子さんのとか、鳩村衣杏さんのとか夜光花さんのとか…。

そういえば、友人Yから長いこと借りてる割には、なかなか読み終わらない水壬楓子さんの「コルセーア」もリ○クスだし、六青みつみさんのも、最初は自分で買ってたけど、最近では友人Yに買ってもらって、それを借りるようになっちゃったしなあ…。
(多分友人Yは相性がよいのですね)

ここで誤解のないように書いておきますと、これは私とリン○スとの"相性"の問題であって、私がイマイチと思った作品でも、巷の評判はすご~くよかったりします。

逆に私がすごくイイ!って思っていても、周りの評判はうむむ…ってな場合も多いです。

最近では夜光花さんのプラチナ文庫のやつがそうだったなあ…、と思い出したところで、また気付きました。

先のとある作家さんもそうだったけど、リニューアル後のプラチナ文庫って、案外私的に当たりが多くない…?

ちなみに、このプラチナ文庫。
一昔前は、いかにもフランス書院から出ていまーすって感じのエロエロしいくてどぎつい表紙が特徴のレーベルで滅多に購入しなかったのですが、大胆なイメージチェンジが図られて手に取りやすくなってからは、購入する機会が増えていました。

とは言え、かつてのイメージもあり、それほど好きレーベルとしての認識はなかったのですが、こうやって考えてみると、レーベル買いしてみるのもありじゃない…?

ってことで、試しに知らない作家さんのプラチナ文庫を買ってみることにしました。

これが面白いとリニューアル後のプラチナ文庫とは相性がいいことになるんですが、果たして?

――ってところで、次に続きます(笑)

本日の捜索

…おかしい。
…見つからない。

ついうっかり、ヨネダコウさんの同人誌を貸す約束をしたのはよいのだけど、どうしても後1冊が見つからない…。

確かに、あの灼熱の夏コミで買った記憶はあるのに。
(読んだ記憶はないけど)

もう紙袋6個と、小さめの段ボール箱4個を2回ずつはチェックしたのに見つからない…。

そして、記憶の彼岸に押しやられていた未読本の数々と次々に再会しては、今は忙しいから別の機会にねとまた別れを繰り返す。

…どんな苦行だ(泣)

昨日の戦利品どころか、今日買ってきた新刊のマンガ3冊すらも読めそうにない。

それどころか、このままでは寝る場所すらないないではないか。

そう、こんなブログを更新してる場合ではないのである。
また作業に戻らなければ。


…全く、月曜の夜から何やってんだか…。

本日のぼやき

「ボヨ○ンロック」を聴きながら、「英田サキフェア小冊子」を読む。
1週間の疲れが癒されるひとときだなあ…。

というワケで、既刊を売り捌こうとする編集部の意図にまんまと乗りまして、2冊目の「エス 残光」を買ってきました。
フェア自体に云々するのは今更だし、小冊子の中身もドラマCDを買わない私にとっては全て未読でありがたかったのですが。

ただ。

2009年11月第4刷の巻末に、2006年12月に締め切った「エス小冊子応募者全員サービス」のお知らせを未だに載せているのは如何なものか。
応募できない小冊子を告知して一体何になるんだろ?
(私のように応募しそこねた読者の傷心を悪戯に抉るのは止めてほしい…)
いっそ同じ内容の小冊子をもう一度全員サービスしてくれるのならいいのになあ~。
そのためなら、エスシリーズ7冊を応募券目当てでもう一組買ったっていいわよ!!
…まあ、無理なんでしょうけどね。

そういえば、今回のフェアの情報を求めてネットをウロウロしている時、数年前のキャラのフェアで配られた小冊子に高値が付いてることを知りました。

へえ~、と思わず自分の手持ち分をオークションに出したくなりましたが、今どこにあるか分からないし(笑)

それに、大雨のなか池袋の書店を3軒以上はしごして手に入れた自分でも思い出深い1冊なだけに、手放すのは淋しいかもね。

思えばその頃から、妙に小冊子とかにこだわりだしたような気もしないではないような。

いい加減落ち着きたいとは思うのだけど、どうなることやら。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。