スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「知らなくても生きていける萌えの話」(英田サキ)

うーん。

本日のお題である、英田サキさんの「知らなくても生きていける萌えの話」ですが。

これ、正直さくらさんのリクエストがなければ、取り上げることはなかっただろうなあ~。
だって、はずみで買っちゃったやつだから(笑)

実は私、「萌え」という言葉があまり好ましくなく、この本も、ついでに言えば「萌え男子がたり2」も全然買うつもりはなかったのですよ。

なのに、なんで買ったのかと言えば、イラストレーターさんのせい。
この2冊、それぞれ高階佑さんと奈良千春さんの「萌えの話」が拝めるという点では、買って損はありません!

という訳で、あまり期待せずに読んだ英田さんのエッセイと小説なのですが…。

…うん、まあ、予想通り、そんなに面白くはなかったかな(笑)

いやいや、だって、英田さんご自身もあとがきで書いていらっしゃるけど、自分の「萌え」を他人に解説するのはすごく難しいことだし~。
てか、BL作家に「萌え」を語れなんてミステリ作家に「トリック」を語れって言ってるようなもので、他人の既出のネタについては熱く語れても、自分のネタには語りにくいんじゃないかと思うのだけど・・・。
それこそ飯のタネな訳だし。

なので、萌えエッセイの歯切れの悪さはしょうがないとして、その分小説に期待・・・も、実はそんなにしてなかったり(笑)

というのも、英田さんって、すっごく面白い作品(主に長編)を書かれるかと思えば、すっごくくだらない(まあ、この辺のイメージは読み手によっても変わると思いますが)作品(主に中短編)を書かれることもありまして~。
この「知らなくても生きていける萌えの話」を手に取った時に私が予感したのは後者のイメージで、で、実際に読んでみてもそうだったというかね(笑)

・・・あら、やだ。
なんか、すっごく辛口になっちゃったんじゃない?
だから、取り上げたくなかったのに(笑)

まあ、でも、まだ全ての英田作品に出会ってないさくらさんには、この本よりも「エス」とか「デッドロック」シリーズをまずはおススメしたいかなあ。
なので、今度お財布に余裕があるときは、是非そちらもチェックなさってみてください(笑)
スポンサーサイト

本日の読書「心乱される」(英田サキ)

いつもまともな感想など書いていませんが、今回特に斜め目線とネタバレが盛大なので、これからこの作品を読むおつもりの方、或いは既にお読みであっても、主役カプに思い入れの深い方は、この記事はスルーしていただいた方がよろしいかと存じます。

さて、では参ります。
英田サキさんの初ホワイトハートで「心乱される」。

一応義理の親子ものになりますが、当初の予告通りそこは無視して、いきなり脇キャラいきます。

大宮。

彼は主人公のセフレにして最大の理解者的立場で登場してますが、勤め先の専務のお嬢さんという婚約者がいます。

主人公から見れば、好きでもない男に婚約者がいてもどうってことなかったみたいですが、読者の立場からすると、そういう訳にはいきません。
何故なら、彼は完全にこちら側の人間…すなわち、BLキャラとして誰かとカップルにならなければならない存在だったからです(断言)

なので、本編の「心乱される」のエンディングの段階では、大宮が結婚に対して意欲的だったのがかなり腑に落ちなかったんですが、後日談の「幸せの行方」で新婚(?)生活を楽しむ主役カプのところに、婚約を破棄された大宮が押し掛けて来た時には、
やっぱりね。
と思ってしまいましたよ(笑)
(てか、この作品を読んだ人の少なくとも75%以上が、そう思ったのではないかしら)

しかも、その場には、新しい恋人候補としてお誂え向きのユキちゃんがいたワケで~♪

主人公宅を辞して飲みに行った2人のその後が気になるところですが、おそらくは、まあ、やっちゃったんじゃないですかあ~(笑)
作者さんもあとがきでそんな感じのことをおっしゃってますし~。

大宮とユキちゃんは、一応主役カプから振られた者同士ですが、主役カプよりも魅力的なので、うまくくっついちゃった暁にはずっと幸せになればいいと思います。

実際のとこ、日本人離れした体形と甘いマスクの大宮は、ユキちゃんの理想のタイプに近いいい物件だと思うんだよね~。
しかも、子育てを理由に今ひとつ出世街道に乗れなかった主人公と違って、大宮には輝かしい未来があるし、更には今回の破談騒動で、結婚しないことの大義名分も出来ちゃったワケだし。

逆に主人公の方は、義理の息子が近々成人しちゃうと、世話焼きな上司から持ち込まれる見合い話を断る理由がなくなって四苦八苦してそうだし(笑)

主人公に対しては「あいつの人生を全て支えたいとは思わ」なかった大宮が、人生を支えたくなるくらいにユキちゃんにメロメロになるお話を読んでみたいんだけどなあ…。

大宮も、作者さんが仰ってるほどには、主人公に向いてないようにも思えないんですけど(笑)

別に攻が一途でも誠実でなくても構いませんよ~?

本日の読書「恋ひめやも」(英田サキ)

小山田あみさんの表紙が素晴らしくて、何度も自分で買おうかと思いましたが、これは友人Yが買う英田さんだから、と我慢してました(笑)
(一応お互いの守備範囲があるんですよ。ちなみに私は奈良千春さんイラストの英田さん担当です)

先生と元教え子が恋に落ちるお話です。
読み始めてしばらくして、表紙イラストのキャラを逆に認識してたことに気付きました。
黒縁眼鏡スーツが教え子で、ラフなカッコのにいちゃんが先生だったのね(笑)

結婚を目前にした男が元担任教師に恋をする…ということで、恋愛下手で冴えない国語教師をそこそこにモテる若者が熱愛パワーで口説き落とすのかなあと思ってましたが、あながちそれだけでもないような…。

お互いに、恋愛は高熱に浮かされた状態のようなもので一時期の激情で行動してもロクなことにはならないとよく分かっていて、それでも先生に対して抱いた恋心をどうしても捨て去ることができない棚橋と、行き過ぎた恋愛感情で相手の生き方を変えてしまうことに非常にナーバスな水原とが、散々揉めるだけ揉めて、まあ、お付き合いするようになる訳ですが、この2人のそれぞれの言い分を読みながら、ふと、ある意味恋愛関係を結ぶというのは、「悪者」になる覚悟を決められるかどうかとも言えるんじゃないかなあ?とも考えさせられるお話でした。

全体的にしっとりとした切ないお話だったのですが、最後の最後の方で騎○位という文字が見えた時には、
キターっ!英田さん!騎○位キター!
とか思ってしまいました(笑)

やっぱり英田さんといえば騎○位ですよね?

本日の読書「最果ての空」(英田サキ)

読みたかったけれども、まさか本当に出るとは思ってなかった「エス」「デコイ」シリーズの影の立役者篠塚英之のその後のお話。

何だろう、期待以上でも以下でもない、正にファンサービス的な、ある意味当たり障りのないお話でした。

勿論、それが不満ということではないんですけど、ただ読みながら、あまりにもあっさりとした事件の展開に、せっかく公安が舞台だったら、もう少し捜査対象との騙し合いや駆け引きの場面があってもよかったのに、と思ったのは確かかな。

でもまあ、そこは篠塚英之ファンブックみたいなものだからね(笑)

あと、主人公の江波がイマイチいいとこなしの甘ちゃんな若造でしたが、これもまあしょうがないかなと。

だって考えなしだったからこそ、篠塚に望みのない片思いをした挙げ句、上官に対して超失礼な、でも読者の殆ど誰もが知りたかった問いを投げつけてくれたのだから(笑)
しかも、兄の神津共々何気に兄弟で篠塚粉かけてるし。

そういえば中表紙のイラストの種明かし(?)は最高でした。
まさかそういう意味だったとは(笑)
やっぱり奈良千春さんはいい仕事してくれはるなあ~、と思いました。

まあ、何だかんだ書いてしまいましたが、ともかく、篠塚らしいお話が読めてよかったです。

本日の読書「デコイ―囮鳥・迷鳥―」(英田サキ)

久しぶりに奈良千春さんのイラスト本読みました~。

絵師買いしておいて言うのも何ですが、奈良さんがイラストの本って自分的に好みじゃない作品が多くて読まずに放置してるのが結構あるんですよね。
でも、英田サキさんの「エス」リンク作とあっちゃあ、話は別です。
以前はヤクザものが苦手だったため、なかなか購入に踏み切れなかった「エス」ですが、もう少し早くにね、買っていればね、完結記念小冊子の締め切りにもね、間に合ったのにね。
…哀しい過去です…(泣)
今度の「デコイ」&「交渉人シリーズ」の小冊子は勿論応募する予定ですが、いい加減この小冊子商法に疲れている自分がいるのも事実なんですよね…。普通に本屋さんで買えるのだけにしてください…。

さて、ようやく感想ですが。
もう物語の冒頭からグイグイと引っ張って最後まで飽きさせずに読ませてくれるのはさすが英田さん!といった感じでした。
極道界の大物の死について探るヤクザや、時効間近の爆発事件に絡む警察の囮捜査などかなり硬派な内容にも関わらず、重くなりすぎずに読めるのはバランスよく織り交ぜてあるお色気シーンのおかげなんでしょうね。この配分がホント絶妙なんだな~。

今回、警察官と殺し屋、ヤクザの相棒同士という2組の男達の姿が交互に描かれていますが、さらにヤクザの片割れと殺し屋の過去の愛憎も絡んできてます。
最終的には、それぞれの関係に決着がついてはいるのですが、そーですねー、ラブラブ的にはヤクザ同士のカップルの方が救いがあって読んでて楽しかったんですが、個人的に破滅型の人間が大好きなもので、殺し屋と警察官の、親の敵が最愛の恋人というのが、もう堪らなくよかったですね。
自分達の関係が異常であることを承知の上で甘々にベタベタする壊れ加減がいいんですよ。真面目な人ほど踏み外すと極端、みたいな。
長髪の男が短髪の男を可愛がるという構図も素敵でしたしね。

でも一番おいしかったのは篠塚がそこそこ活躍してくれたことかも(笑)
最後の方でも哀愁漂う役回りでうっとりさせてくれました。
彼の周りはホモ率が高いですが、彼自身には亡き妻を偲び続けるセンチメンタルオヤジでいて欲しいです。
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。