スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「一途な独占欲」(吉田ナツ)

ふぁぁ、面白かった~♪
キャラの会話がテンポよくて、飽きることなく最後まで楽しく読めました。
吉田ナツさんの新刊「一途な独占欲」。

吉田ナツさんは作家買いしてるので、裏表紙のあらすじを確認することなく本編に取り掛かったのですが、今、感想書くためにちゃんと読んでみたら…。
あら…?微妙に違ってますよ…?

あらすじでは、長年片思いしていた幼馴染みに失恋した受ちゃんが、バーで出会った攻に口説かれ関係を持ったら、実は攻は取引先の社長だと分かった…。

と、ありますが、実際は違います。
違う上に、あらすじ通りの展開だとすると、受ちゃんと攻の関係の面白さ…みたいなものが、出てこなくなっちゃうような気がします。

実際は、既に一度会社で顔合わせした形になってて、バーに行ったのも、その時にチケットを貰ったからであって、本来、受ちゃんは、小洒落たバーに行くタイプの人間ではないのです。
税理士という職業柄もあるのか、自分に見あった居酒屋に行ったり、量販店で適当に服を買う堅実な生活をしています。

片や攻は、会社を担当してる税理士が好みの美形だと、簡単に誘いをかけるタイプ。
しかも、相手が失恋したばかりと知るや、バーのあるホテルに部屋を取り
(しかもロイヤルスイート)、口八丁で受を連れ込むことに成功します。

そう、このお話で面白いのは、受と攻の価値観の違い。

見た目ギリシャ彫刻みたいな美形なのに、全然それを自覚するどころか宝の持ち腐れ状態の受ちゃん。
見た目にこだわらないから、初恋の相手は性格重視の丸顔もふもふ君であります。

一方、攻は自分のルックスにも自信があり、生活スタイルにもこだわりがありまくります。これまでの自分の流儀でゴージャスに口説きまくりますが、もふもふ堅実派の受には、さほど効果はありません。
受ちゃんはまだ23歳と若いし、小学校からの初恋を引きずっていたので、恋愛経験もまったく無く、そこへ綺羅星の如く現れた攻に振り回されてメロメロになってもよさそうなものですが、逆に振り回されているのは攻の方だったりします。

体の相性は最初からバッチシなのに、生活スタイルや考え方が全然違う二人が、付き合って…というか、形の上では攻攻が受ちゃんを口説いていくうちに、お互いの価値を認めあって、でも自分の価値観はやっぱり大事で…みたいな感じになるのが、すっごくよかったです。

吉田さんの文章は読みやすくて、よいですね…。
するする読めるのに、内容がしっかりしてて、しかも面白い。
こんな作家さんは最近案外少ないので、これからも無理ないペースで書き続けていただきたいものです。
スポンサーサイト

本日の読書「恋襲ね」(小林典雅)

久しぶりの更新、久しぶりの感想いきます!

お題は小林典雅さんの新刊「恋襲ね」です!
いや~、これまた久しぶりに笑わせていただきました!

最初、典雅さんの新刊が花丸ブラックから出て、しかもシリアス…と知った時には、
ーーイメージが違う!
と、がっかりもしたものですが、すいません、私の認識が間違っていました。
花丸ブラックって、最高のトンチキレーベルだったんですね!!

滅多に買わないレーベルゆえ、私の認識が間違っていたのも無理はないと思うのですが、思い返せば、英田サキさんのファンタジーにしても、砂床あいさんの緊縛モノにしても、シリアスと思わせておきながら、素晴らしいトンチキぶりに笑わせていただいた 作品でした!

編集さん、グッジョブ!!

おそらく、最近の典雅さんはコメディを求める読書の重圧に以前ほど伸び伸びと筆を振るうことが出来なくなっていたのでしょう。
そこで、シリアスしかも時代ものを書いてみることで、見掛けの制約が多い分、目に見えない読者の要望をあまり気にすることなく作品に取り組めたのではないでしょうか?

以前のように典雅節が冴え渡っているではありませんか!!

冒頭から、主人公は不幸のどん底に突き落とされたかのように己れの不運を嘆いていましたが、何でしょう?そこには悲愴な空気は微塵もなく、高まるのはトンチキへの期待感でした。
そして、期待は裏切られることなく、典雅節は炸裂。
読み終わるまでに、何度声を出して笑ったことでしょうか。

因みに、不幸ぶってた主人公は、そんなに(少なくとも私の目には)酷い目に遭わないうちに、めでたしめでたしで終わっています。
むしろ不幸になったのは、(間接的に)主人公にご無体を働かざるを得なかったお殿様です。
自分が頼んだ訳でもないのに、無理矢理主人公を寵童として宛がわれて、仕方なく遊んであげて、挙げ句には…なんて、気の毒過ぎて涙が出そうです。

出てくるキャラクターそれぞれが自分の理論で語ってくれる…。
そこに、くすり、とさせられることが、小林典雅さんの最大の魅力です。
今回の新刊は、それを思う存分堪能できました。

人によっては、シリアス、時代もの、というのは、取っ付きにくい作品かもしれませんが、これまで典雅作品を読んだことがある方なら余裕で楽しめるんじゃないかな~?

典雅さんご本人は、こんな感想聞いたら「シリアス書いたのに」と、ガッカリされるかもしれませんが、すいません、作品は刊行されたら読者の評価に晒されるしかないんです。
そして、私はこの作品に最高の賛辞を捧げます………トンチキとして。

まぁ、あくまでも私個人の勝手な感想なので、他の方々の感想とはかけ離れているかもしれませんが、楽しい読書ができたことは間違いありません。




本日の読書「嫁いでみせます!」(吉田ナツ)

吉田ナツさんの新刊、面白かった~!

久々に胸がキュンキュンしちゃう受ちゃんでした!
初めてを奪われた遊び人の男に、惚れて、尽くして、挙げ句べた甘な新婚家庭を夢見ちゃうオトメちゃんなんだけど、ガタイのいい攻よりも4センチも身長が高いところがまたいいんだ(笑)

この作品、実は「Home,sweet,home.」の最後に出て来た工務店のあんちゃんのお話だったりします。
読むまで気付かなかったんだけど、これは嬉しかったな~。
てか、イラストが同じ高峰顕さんだったら、もっとよかったのに!
鈴倉さんの絵はかわいすぎて、今回の180オーバーのカップルの格好良さとは合ってなくって、勿体なかったんだよね…。
(実際、極力イラストを目に入れないようにして本文読んでました・笑)


タイトルとイラストから、想像する「嫁モノ」とは、一味もふた味も違って、すっごく楽しく読めました!
やっぱり、吉田ナツさんのお話作りのセンスはいいなあ~。
しっとりしたお話もいいけど、こういうさらりと笑える作品もすごく好き!

そう言えばイラストが苦手で読んでない作品があったなあ…。
この勢いで読んでみるか(笑)

本日の読書「悪夢のように幸せな」「墜つればもろとも」(宮緒葵)

――と、言うわけで、金曜日に早速買ってきました。

プラチナ文庫の今月の新刊から、宮緒葵さんの「悪夢のように幸せな」です。

水名瀬雅良さんの麗しい表紙絵に惹かれ、前日にもあらすじはチェックしていたんですが、ヤクザ絡みのお話らしいのでスルーしてました。

でも今回の目的はプラチナ文庫との相性確認にあるので、むしろ苦手な設定の方がいいかも、と敢えて選択。
そして、早々に読み始めてみたのですが…。

やだ、ちょっと。こーゆーの、すごく好みなんですけど(笑)

あらすじを、超おーざっぱにいいますと、
ちょっと病んでるキレイなお兄さんが、親戚の一回り年下のいたいけなオトコノコに目を付け、散々偏った愛情を注いで育てた挙げ句、親友を踏み台にして、身も心も完全に手に入れる…

ってなお話なんですが、いや~、メインの3人がみんなアブナくていいわ~!

お話の展開的には、そんな無茶な、そんなんあり得へんやろ、と突っ込みたくなる箇所もなかったではないですが、所詮BLファンタジー。
楽しく読んでしまったもん勝ちです(笑)

そして、この勢いのまま、土曜日には宮緒葵さんのデビュー作「墜つればもろとも」も購入。

姫として育てられた主人公が国を救ってくれた将軍に嫁入りするという、普段ならあらすじだけで敬遠するタイプのお話でしたが、これも面白かった~!

こちらにも、
え?そこをそうやって、結局それはスルーなの?
―ってなとこがあったんですが、やっぱり深く考えないで楽しんじゃえばいいんですよね(笑)

なんかこう書くと、褒めてんだか貶してんだか、って感じなんですが、文章自体は読みやすいですし、ストーリーも別に破綻してる訳ではなくて、その辺は(BLにしては)むしろしっかり作られてる方かもしれません。

でも、何というか、シリアスな雰囲気を漂わせつつも、その実微妙な突っ込み所が満載!てなところがすごくいいんですよ~。
(いや、作者さんは普通にシリアスのつもりで書いていらっしゃるかもしれないんですが)

こういう笑いとシリアスの境界線上にある作品は、あらすじだけでは見つけにくいので、たまに巡り会えるとすごく嬉しいです。
今後の宮緒さんには期待大だな♪

…という訳で、リニューアル後のプラチナ文庫との相性は悪くないみたいなので、今後は知らない作家さんでもレーベル買いしてみようかと思います♪

本日の読書「その親友と、恋人と。」(渡海奈穂)

うーん。

面白い面白くないでいえば面白かったんだけど。

ただ、タイトルと中味が微妙に合ってなかったといいますか~。

「その親友と、恋人と。」の"その"がはどこに掛かっているのか、よく分からなかったんですよね。
単純に考えれば、"その"="主人公の"ですが、実際に話を読むと、主人公に親友はいないんです。
友人と言っていい人物ならいるんですけど。

それが主人公朝比奈の行きつけのバーの女装のバーテンダーのリサ。
そして、リサの学生時代の親友なのが、湯上。

この湯上が、リサ(もといサンゴ)を地元に連れ戻そうとしてバーに現れたところを庇ったのがきっかけで、朝比奈は湯上と交流を持ち、どんどん好きになっていっていくんですが、そうするとやはりリサが親友になって、親友を取るか湯上を取るかで悩んでいるのかというと、そういう訳でもなくて。
どうやら、主人公は湯上に対して、友情を取るか、愛情を取るかで悩んでいてるようです。
つまり「親友としての湯上を選ぶか、恋人としての湯上を選ぶか」=「親友と恋人と」ってこと…になる…のかな?違う??

タイトルや、帯の「恋人と親友、どちらかしか選べないなら―」という惹句から、主人公にとって親友と恋人という心揺れる存在が2人いるのかと思いながら読んでた私は、何だかんだで終わり近くまで惑わされてしまったんですが、まあ、その混乱も含めて面白かった、と言えなくもないです(笑)

つか、"その" を"主人公の"として捉えず、
リサの親友と恋人に振り回された主人公がすったもんだの挙げ句めでたく恋人をゲットする話。
だったんだと思えばスッキリするんですけど(笑)

北上れんさんのイラスト買いだったのに、そんな細かいこと突っ込まんでも…と思わないでもないですが、まあ、気になってしまったので、ね。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。