スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「みちづれポリシー」(北上れん)

もー、かわいくてたまりませんよ、西岡エンゼル(笑)

「ひとり占めセオリー」にちょこっと出てただけなのに、妙に気になってた助教授×司書カップルの大学時代のお話です。
(やっぱ準教授より助教授のが馴染みがいいなあ)

ゲイの自覚がある主人公が親友に対しての恋心を隠そうとする…ってのはよくあるパターンですが、でも好きなパターンでもありまする。

世話焼おかんタイプの篠原(のちの司書)が、アホの子西岡(のちの助教授)に思いを寄せてるんですが、割と早い段階でバレちゃって、案外簡単に付き合い始めることになります。
しかし、だからといってすぐにラブラブという訳にはいかない。
篠原は、これまでの西岡の女性に対する来るもの拒まず去るもの追わずな性格や態度をよく知ってるから、恋愛相手としては信用ができないのです。

でも当て馬にさえならなかった平野くん(ゲイであることをオープンにしてる。篠原にちょっと気があったのにあっさり振られてる。でもいい人)に相談したりしながら、何とか互いの気持ちを伝えあって、その後は10年以上も付き合い続けてる夫婦のようなカップルとなっています。

このカップルの何がいいって、受も攻も可愛いところですよ。
アホの子西岡は見た目も行動も分かりやすい可愛さですが、受の篠原も見た目はちょっと攻っぽいのに、西岡相手だとなんかむやみやたらと可愛く見えるんですよ~。
たぶん西岡がうまく篠原の素の部分を引き出してあげてるんでしょうね~。

絵だけでも大好きなのに、キャラも可愛くて、お話もなかなか読み応えのある北上れんさん、大好きです♪
スポンサーサイト

本日の読書「シグナルレッドベイビー」(北上れん)

絵が可愛らしくて、どこかおとぼけな感じのキャラが魅力の北上れんさんの新刊をすっごく楽しみにしていたのですが、まさかこのタイトルで歌舞伎というか梨園ものだとは思ってもみませんでしたよ…。しかも読み終わってからもタイトルの意味がよく判らなかったり。

最初読んだときはどうにも違和感が拭えなくて、やはり北上さんは普通の若者のハナシがいいよ…とか思ったんですが、読み返してみると、そう悪くもなかったですね。
ただ、盛り沢山に色んな要素が詰め込んであるので、もう少し内容をすっきりさせてくれた方がよかったのかもしれないです。誰に感情移入して読めばいいのか分からなくて落ち着かない感じでしたから。

一応主役の笙吾(受)と和美(攻)のカップルの他に将宏叔父(攻)と大希(受)のカップルのお話もありますが、個人的には将宏叔父が笙吾の父・生臣に昔仕掛けたらしい「力まかせ」な過去が気になります(笑)

梨園の狭い人間関係での恋愛ものというよりは、巻末の書き下ろしの影響か、ほのぼの家族ものといった感じの印象が残ったお話でした。

でも、シリアスなお話だったので、可愛いデフォルメ絵が少なかったのがちょっと寂しかったです。
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。