スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「おいてけぼりブルース」(ユキムラ)

ユキムラさんの新刊です。
本屋で見かけた時には「ユキムラさんが麗人?」と、ちょっと驚きもしたんですが、これがなかなか良かったです。

特に表題作。
短いのによく出来てると言うか、伝えたいことが上手く表現されてるというか、そんな感じの作品でした。

元同僚で、今はなし崩し的に関係を続けているリーマンとカフェオーナーのお話です。

これ、冒頭のシーンがいいですよね。
あれで受が思考と行動では先走ってるのに、心情的には相手においてけぼりをくらってるような不安感を抱えてるってのが、すごくよく分かりましたもん。

攻は、受に言わせると「トロい」らしいですが、それよりもマイペースといった感じかな。むしろせっかちすぎる受をどっしり受け止めてくれるタイプではないかと。
まあ、言わばお似合いのカップルですよね。
受の顔がいつも怒ってるのに、むやみやたら可愛く見えたのが不思議でした(笑)

あと「さよならはもういらない」も良かったな。

お互い好きあってたのに別れた会社の先輩と後輩が、人事の関係で再会し、また付き合うようになり…といったお話です。

収録作品の中では一番古いせいか、話の流れ的には掴みにくいところもあったんですが、思いやりがあるようで実はそんなでもない先輩のキャラが何かツボでした(笑)

後輩は、妙に思い詰めるタイプでしたね~。
でも、これは白目のゴリ課長にあーゆー思わせぶりな台詞を言われたら仕方のないことではないかと(笑)

あと「インザルーム」のホラーなオープニングもよかった(笑)


買うだけ買って、1回くらいしか読まないままお蔵入りしてしまうことも多いユキムラさんですが、今回のは既に何回か読んじゃうくらい面白かったです。
スポンサーサイト

本日の再読「吐息を消して、雨音で」(ユキムラ)

昨夜、雨上がりの夜空の下、洗濯物を干しながら、職場の置き傘を全て持ち帰っていたことに気付きました。
それならいっそ晴れた日に長い傘を持って出掛けてみようか、なんて考えてみたところで、
―そういえば、晴れた日に好きな男に傘を返すBLがあったな。
とふと思い出しました。

一体誰の作品だったか、そりゃあもう真剣に記憶を手繰りました。
それがコレ「吐息を消して、雨音で」です。
ユキムラさんの「まるで初めての恋みたいに」に収録されています。(思い出せてよかった…)

以前この本を買った時に「本日のお買い物」で、ユキムラさんを初めて買う作家さんだと書きましたが記憶違いでした。
その昔「落ちぶれ紳士に愛の唄」を買ったことがありましたよ。
でも全然話の内容を覚えてないくらい印象が薄かったんですよね~。(処分してしまったのか手元にないのでタイトル間違ってたらゴメンナサイ)

で、「まるで初めての恋みたいに」ですが、こちらはすごく好みなお話ばかりの短編集でした。
表題作のバカップルもよかったですが、どうも自分の性格がよくないせいか、ちょっとひねくれた感情表現をしてしまう人の話が大好きなのでこの「吐息を…」の方が印象に残ってたみたいです。

カメラマンの小山田は高校時代からずっと好きだった高野先輩を思い切る決心をして、ある晴れた朝、借りっぱなしだった傘をようやく返しました。
それなのにその日のうちに新しい仕事の相手として高野と再会してしまいます。
小山田は不自然ながらも高野と距離を置こうとしますが、何かと構ってくる高野にまた昔のような思いが溢れてきてしまい…というお話が高野の視点で描かれています。

正直、なんで高野の妹の「"家族"じゃないあなたなら"恋人"になれる可能性がある」という言葉が小山田にとっての呪いになるのかがよく分からなかったんですが、このせいでなかなか高野への思いを断ち切れなかったからということなのでしょうか?
でもそのおかげで、かなり長い空白期間があった割には結局両思いになれてよかったのではないかと。
要は小山田があまりにも恥ずかしがり屋すぎてひねくれた態度しかとれなかったってことでいいのかしらね。

傘がきっかけで何かダラダラと書いてしまいました。
でも、こういう小道具が効いたお話もいいもんですよね。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。