スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「イベリコ豚と恋と椿」(SHOOWA)

去る2月の10日のことでございます。

私は、池袋はサンシャイン劇場へ、とあるロックミュージカルを観に行って参りました。

常々申し上げておりますが、すごく友人の少ない私は大概のお芝居やライブは1人で参ります。
が、今回は。
なんと!
3人も同行者がいたんですよ~!♪(パフパフ)♪
嬉しいことです。
有り難いことです。

という訳で、当日は仕事が終わった後に池袋へ繰り出し、開演までの小一時間を…。

とらとメイト詣でに費やしてました(爆)

や、だって最初にも書きましたが、10日ですよ?
「恋する暴君」の8巻や、「部活の後輩に迫られています」の発売日なんですよ?
特典カードやペーパー求めて行かない訳にはいきません!
しかも、SHOOWAさんの「イベリコ豚と恋と椿」に至っては、メイトととらとコミコミとで3種類のペーパーがあるというではありませんか!

頼むから、こういうペーパー商法は止めてくれ~!
しかし、メイトととらとどっちで買おう…?

…と悩んでいたら、ひらりと届いた1通のメール。
mさんからの、合流しましょうメールです。

この瞬間私の心は決まりました。

―mさんにどっちか買って貰おう!

そう。
何を隠そう、私とmさんはSHOOWAさんの同人誌を貸し借りする仲。
これを逃す手はありません。

特にペーパーには興味がないとおっしゃるmさんを、待ち合わせた勢いのままとらへと連行し、ここでは一先ず「暴君」と「イベリコ」を購入。

そして、そのまますかさずメイトに移動して、ここでは「部活の」と他2冊を購入。
「イベリコ」はちゃっかりmさんにに買っていただいてミッション終了。

予想外に2種類もペーパーをゲットできた喜びにホクホクしたまま、vさんとnさんと合流し、ミュージカルを堪能。
終演後、居酒屋で戦利品を披露していると、なんと、nさんはコミコミから通販していると仰るではないですか!

これでペーパー3種類ゲットです!
頭の中で紙吹雪が舞いました(笑)

…とまあ、かように妙な心血を注いで購入したSHOOWAさんの新刊ですが、これが期待に違わず面白かったです!

SHOOWAさんの作品は、あれこれ説明しても雰囲気が伝わらないというか、受け取り方が千差万別というか、ともかくつべこべ言わずに読んでいただくのが一番いいので、ここでは多くは語らないのですが、もう大好きなんであります。

作風は、大まかにいって、痛々しいセンシティブ系と、ナンセンス脱力系とあり、今回のコミックスではその両方が味わえるので、お得と言えばお得なんですが、それは裏を返せば、どちらかがちょっと物足りないといえなくもないわけで…。

特に脱力系が大好きな私はイベリコと椿のカップルのお話がもっと読みたかったかな…。
続編が決まっている源と吉宗の話も悪くはないけど、でも!
…って叫びたいのであります。

久々に更新したのが、こういう買い物記録だか感想だかよく分からない文章で大変申し訳ございませんが、ともかく本人としては書きたいことを書けたので満足でございます(笑)


…悪しからず。
スポンサーサイト

本日の読書「あまのじゃくの恋」(イシノアヤ)

月曜日に購入して、金曜日に読み、日曜日に感想を書く。

そんなロシア民謡みたいに妙に時間がかかってしまったイシノアヤさんの「あまのじゃくの恋」ですが、繰り返し読んじゃうくらい楽しかったです。

イシノアヤさんの作品ではお馴染みの、草食系といいますか乙女系といいますか、そんな男の子たちのお話です。

どれもこれもキュートでラブラブなお話ばかりでしたが、さらりとした甘さで胸焼けしなくてすみました。

今まで読んだイシノアヤさんの作品の中では一番BLぽい感じ?
相手のことが好きすぎて突飛な行動に出ちゃうキャラたちの思考回路が面白かったです。

イシノアヤさんの描くオトコノコたちは実際にそこらへんにいてそうで、そんでもって、ちょっと離れた所から見守りたくなるような感じがします。

そのせいか、読みながら、ふと、大昔の職場で鑑賞用として愛でていた年下の線の細い眼鏡の似合う物腰の柔らかい男性社員のことを思い出してしまいました。

そして彼の横には同期入社の背が高くて押し出しの強いこれまた眼鏡の似合う男性社員がいたのですが、これって今思うとおいしいシチュエーションですよねえ…。

…なんか話がそれちゃいましたが(笑)
どのオハナシも可愛いくて面白くてよかったです。

本日の読書「キャッスルマンゴー」(小椋ムク/木原音瀬)

原作が木原音瀬さん。
漫画が小椋ムクさん。

お二人とも大好きな作家さんだけど、組合的にはどうかなあ?と思わないでもなくて、正直全然期待はしてませんでした。

が、実際読んでみると、そんなにガッカリってな代物でもなくて、案外楽しく読むことができました。

え…?
楽しい…?

木原さん原作ということですごく身構えてたんですけど、これはこれでいいんでしょうか…?

アダルトビデオの監督と父の形見のラブホテル維持に努める高校生という設定は、木原さんらしいと言えなくもないですが、全体的にはムクさんの可愛らしいほのぼのとした雰囲気の作品に仕上がっています。

しかし、この感じが最後まで続くと思ってもよいのか?
木原作品の読者としては、どこかで痛い目に遭うんじゃないかと、どこか不安で仕方ないんですけど(笑)

そういえば、すっかり忘れてましたが、「Cab」の創刊号を木原さんの小冊子目当てで買っていたような?
どこにしまったっけかなあ~?

…また、あのクソ重い段ボール箱を押入から出し入れするかと思うと気が重いです。
(先週、片付けたばっかなので)

本日の読書「理想のひと」(山田コウタ)

本当は、昨日本屋さんに寄った時に目をつけてたんですが、その後に用事が控えていたので、本日出直してきました。

山田コウタさんの「理想のひと」。
デビューコミックスになるそうです。
短編集です。
面白かったです。

ちょっと、話が唐突な感じが無きにしもあらずでしたが、どのお話も楽しく読めました。

こういう、こなれた感じのマンガを描かれる方は、同人活動をしてる可能性が高いけども、この人もそうなのかなあ~?
と思って、お名前で検索してみたところ、やはし、そうでした。

しかも、どうやら私の購入範囲とニアミスしてる…?と手持ちの同人誌を漁ったら、はい、見事合同誌に参加されてるのを見つけてしまいましたよ(笑)
しかも、別ジャンルの本では、某イベント会場で手に取りながらも購入を見送ってたことまで判明!
ああ、あの時の私のバカバカバカー!
今度の日曜日の某イベントには参加されないのかなあ?
せっかく友人の代理で参加するんだけどな~。
残念。

ちなみに、収録作品の中で一番好きなのは、「やさしく笑って」。
表題作も、「はじめての気持ち」もよかったんですが、子持ちのおっさんが出てくる話が好きなんですよね~。
すいません。

推察するに、エロはそうお得意ではないような気もするですが、どうなのかな?
でもHがなくても全然問題ない作風なので、そこはさりげなく誤魔化しつつも、まったりのんびりしたお話を描いて下さると嬉しいです。

本日の読書「三村と片桐」(倫敦巴里子)

割と適当に選んだ1冊ですが、なかなかアタリでした。

倫敦巴里子さんの「三村と片桐」。

本屋さんで試し読みできた最初のページの、
「付き合って14年経つと結婚していなくても夫婦になる」
ってくだりが気になって購入を決めた…んだと思います。

15歳の頃からから付き合ってる三村(妻的立ち位置)と片桐(夫的立ち位置)は30歳手前にして既に熟年夫婦のような間柄。

このまったりとした空気感を、
長く付き合ってきたせいで、ときめきがない!
と不満に思ってるのが三村
長く付き合ってきた賜物だ。
と御満悦なのが片桐。

この微妙な温度差から、2人の関係に暗雲が漂い始め…?
なんて話に思わせといて、その実これまでの人生の半分を共に過ごしてきた相手にまだまだラブラブなんだよ~なお話でした(笑)

さりげに散りばめられている2人の仲良しぶりにもニマニマさせられましたが、15歳当時の初々しい2人の思い出映像がまたオツで~。

BLでは恋人同士になった2人がその後どうなったの?っていうのは案外少ないので、こういう付き合いの長いカップルのお話が面白いのはすごく嬉しかったです。
あと、短いながらも描きおろしの2人の初えっちと今のえっちの対比もまたよかったですよ♪

で、この「三村と片桐」の中に収録されてる作品が既刊からのシリーズだというので、こちらの方も買ってみました。

「ネコいりませんか?」

タイトルから想像するのとはちょっと異なる人間の姿をした猫のお話ですが、これもなかなかよかったし、他の短編もそれぞれに面白かったです。

カバーイラスト的には自分の好みからはちょっとハズレる作家さんかなあ?という印象だったんですが、実際読んでみたらそんなこともなかったです。
すごく好み!とまではいかないけど、結構好き。って感じかな?


あと、これは作品とは関係ないですが「三村と片桐」ってGポイント対象本…なんだよねえ?
カバー折り返しにGポイントが印刷されてないことないですか?
まあ、私はGポイントに応募するつもりはないから別に問題ないのだけど、友人Yのポイント集めに協力してるので、ちょっと気になってしまって。
まあ1年半も続くキャンペーンだと、こういうこともたまにあるのかな。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。