スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「氷面鏡」(水原とほる)

タイトルとあらすじと表紙イラストから想像したとおりのお話でした。
ちなみにキャラ文庫のHPからコピペした内容紹介文がこちら。

『忙しい母の元で育ち、ほとんど二人で暮らしている一卵性双子の高校生・水上陸と郁。
いつしか自分の分身のような相手と性欲を満たすことを覚えてしまった二人だが、年々執着を増し、暴力を振るう兄・陸に対して、郁は不安感を抱き始める…。
そんなある日、郁は年上の男・見城と知り合う。郁を優しく癒してくれる見城に、急速に惹かれていく郁だが・・・。』

…だから内容に文句を言いたいわけではないんですけれども、それでもやはり陸視点のお話も読んでみたかったかなあ…。
あるのかしら?そーゆー予定が。
だったらよいけど、ないと何だかバランスが悪くないですかね?(双子ちゃんですし)

度を超えた兄弟の独占欲ってのが割と好きなんです。
なので陸贔屓な目線で読んでしまったからか、どうも郁の正論が鼻についてしまってしょうがなかったんですよね。
二人の関係がこうなった理由を全て陸の不安定な性格に押しつけてるような気がして、お話では見城という心強い年上の恋人が出来た郁は陸を許すような感じに落ち着いたけど、陸をここまで狂気に追い込んだのは郁自身ではないのかな、と。
そのあたりが郁視点だと(当然と言えば当然なんですが)抜け落ちていて、ちょっと陸が可哀想でした。

で、実は私、そんな陸くんを不憫に思うあまりか、お相手を脳内で勝手に作ってしまっていたんです(笑)

その彼は陸の高校の同級生で、郁への歪んだ執着ごと陸を愛してくれているんですね。
でも郁と勉強のことしか頭にない陸は彼のことを殆ど気にも留めていない。
しかし郁の兄離れを機に少しずつ周囲にも目を向けるようになった陸はその彼にも心を開き始めます。
そして京都の大学に共に進むことを決め、新たな恋に踏み出そうとした陸ですが、ふとしたことから幼い頃に母と別れた記憶にもない父が彼の父親であることを知り…。

って、これじゃあ陸を幸せにしてあげたいのかそうでないのかよく解らない妄想ですね(笑)
や、でもお気に入りのキャラほど苛めたくなると言うか、そーゆーことですよ(笑)


いやしかし、何だか感想にもならない駄文になっちゃったなあ・・・。
お目汚し、申し訳ございませんでした。
スポンサーサイト

本日の読書「陰猫」(水原とほる)

とある歌を聴きながらぼんやりと、
今は男のやせ我慢なんて流行らないんだろうなあ。BLでも、どいつもこいつも簡単に好みの男に手を出してやがるもんなあ…
などと考えていたら、まさにこのやせ我慢のしどころで恋愛の明暗がくっきり分かれた作品に当たってしまいました。
水原とほるさんの「陰猫」です。

水原さんの作品は奈良千春さんのイラスト目当てで買った「窓」以来です。
痛そうな作家さんなので何となく敬遠してるんですが、最近は刊行ペースも早いしそんなに痛くない傾向にあるのかな?
この「陰猫」もあっさりと読むことができました。

結婚式直前に婚約者に逃げられた会社員雅幸が、いつの間にかその弟の綱紀と恋に落ちるお話です。

雅幸は女性にはあまりモテなくて、合コンで知り合った女性と割と簡単に結婚を決めてしまうような抜け作くんですが、その代わり男性にはある種のフェロモンが作用するようで、同時期に2人の男から言い寄られてしまいます。
1人は先述の綱紀、もう1人は入社以来の友人・当山です。

この当山、それこそ雅幸のためを思って10年間も自分の思いを隠してきましたが、雅幸の破談騒動を機にとうとう気持ちを打ち明けてしまいます。

が、時既に遅し。

その時にはもう雅幸は綱紀に喰われてしまっていたのです!
嗚呼、哀れなり当山!

一応お話では雅幸は綱紀だからこそ好きになったみたいな表現がなされていますが、この男の流されっぷりとお人好し加減から考えると、やっぱり先にやっちゃったもん勝ちだったんじゃないかなあ、という気がします。
だからこそ我慢も何もなくがっついた綱紀に負けてしまった当山が気の毒で気の毒で。
酔った勢いでやっとけばよかったのにね~とかも思ったんだけど、そういえば雅幸って飲めない男だから当山の付け入る隙が無かったのよ!
当山、どう転んでも勝ち目のない…。

ま、そんなわけで、やせ我慢なんてするもんじゃないね、としみじみさせられてしまったお話でした。
ちょっと当山に肩入れし過ぎた感想なので、実際の話とは印象が異なってたらゴメンナサイ(笑)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。