スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「恋襲ね」(小林典雅)

久しぶりの更新、久しぶりの感想いきます!

お題は小林典雅さんの新刊「恋襲ね」です!
いや~、これまた久しぶりに笑わせていただきました!

最初、典雅さんの新刊が花丸ブラックから出て、しかもシリアス…と知った時には、
ーーイメージが違う!
と、がっかりもしたものですが、すいません、私の認識が間違っていました。
花丸ブラックって、最高のトンチキレーベルだったんですね!!

滅多に買わないレーベルゆえ、私の認識が間違っていたのも無理はないと思うのですが、思い返せば、英田サキさんのファンタジーにしても、砂床あいさんの緊縛モノにしても、シリアスと思わせておきながら、素晴らしいトンチキぶりに笑わせていただいた 作品でした!

編集さん、グッジョブ!!

おそらく、最近の典雅さんはコメディを求める読書の重圧に以前ほど伸び伸びと筆を振るうことが出来なくなっていたのでしょう。
そこで、シリアスしかも時代ものを書いてみることで、見掛けの制約が多い分、目に見えない読者の要望をあまり気にすることなく作品に取り組めたのではないでしょうか?

以前のように典雅節が冴え渡っているではありませんか!!

冒頭から、主人公は不幸のどん底に突き落とされたかのように己れの不運を嘆いていましたが、何でしょう?そこには悲愴な空気は微塵もなく、高まるのはトンチキへの期待感でした。
そして、期待は裏切られることなく、典雅節は炸裂。
読み終わるまでに、何度声を出して笑ったことでしょうか。

因みに、不幸ぶってた主人公は、そんなに(少なくとも私の目には)酷い目に遭わないうちに、めでたしめでたしで終わっています。
むしろ不幸になったのは、(間接的に)主人公にご無体を働かざるを得なかったお殿様です。
自分が頼んだ訳でもないのに、無理矢理主人公を寵童として宛がわれて、仕方なく遊んであげて、挙げ句には…なんて、気の毒過ぎて涙が出そうです。

出てくるキャラクターそれぞれが自分の理論で語ってくれる…。
そこに、くすり、とさせられることが、小林典雅さんの最大の魅力です。
今回の新刊は、それを思う存分堪能できました。

人によっては、シリアス、時代もの、というのは、取っ付きにくい作品かもしれませんが、これまで典雅作品を読んだことがある方なら余裕で楽しめるんじゃないかな~?

典雅さんご本人は、こんな感想聞いたら「シリアス書いたのに」と、ガッカリされるかもしれませんが、すいません、作品は刊行されたら読者の評価に晒されるしかないんです。
そして、私はこの作品に最高の賛辞を捧げます………トンチキとして。

まぁ、あくまでも私個人の勝手な感想なので、他の方々の感想とはかけ離れているかもしれませんが、楽しい読書ができたことは間違いありません。




スポンサーサイト

本日の読書「なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…」(小林典雅)

大好きな小林典雅さんの新刊。

しかし、期待しすぎたからなのか、中世の宮廷物という舞台設定に馴染めなかったからなのか、これまでの作品に比べると、あまり典雅節を楽しむことができませんでした…。

BLを読まない友人に
「これは読め!」
と、わざわざ買って送りつけたくらい笑わせていただいた「美男の達人」で、ある意味主役カップルよりも気になる存在だった箭内塾頭と碧海くんの前世でのお話…になるそうですが、正直、私はこの2人の話は普通に現世での続編を読みたいです(現在進行形的希望)

なので、あまりその辺は気にしないようにしつつ、しかし気になりながら読んでみたのですが、うーん、攻のルトガーの変人ぶりがどうしても弱いかったんですよね。

私の中では、
―中世ヨーロッパの貴族はデフォルトで変態(とゆーか性愛的にハードルが低い?)―
という妙な刷り込みがあり(読んだ本が偏ってたのか?)、ルトガーがアルに対して働いてたご無体くらいじゃ、
別にこの時代、これくらい普通じゃないの?
としか思えなくてですね~。
イマイチ盛り上がらなかったです。

やはり私的には「エロ代官攻と純情町娘受」は、帯くるくるが出来る江戸時代バージョンで読みたいなあ(笑)
そのうち書いてくださると嬉しいのですケド。

ちょっとキビシい感じの感想になっちゃいましたが、あくまでも「自分の中で他の典雅作品と比べての評価」なので、もちろん普通には面白かったです。

ただ「普通」では物足りないと思ってしまうのは、ファンとしてのワガママなんでしょうね(^^;)

本日の読書「嘘と誤解は恋のせい」(小林典雅)

―普通にBLを読んだ気分になっていただく!―

というのが、今回の作者さまの意気込みだったそうですが、待望の小林典雅さんの新作で「普通」だなんて、そんな勿体無い(笑)
も~、最っ高に笑えて楽しくて幸せな気分になれる作品でしたよ!

読んでる間、ずっと顔はにやけっぱなしでしたし、数ページに一度は湧き出る笑いを噛み殺したり、数十ページに一度は堪えきれずに吹き出してたりしてました。
ああ、やはり素晴らしき哉、典雅節。

確かに当社比…というか「美男の達人」からすると格段にエロ度はアップしてるんですが、でもだからといって、普通にエロを楽しめるかというとそうでもなくて。
やはりちょっとした台詞の言い回しなんかに典雅さんらしい茶目っ気を感じますし、何よりこれまでの典雅作品を読んでる身にとっては、"普通の"エロシーンが描かれてても、いや何かこの後に予想外の展開が待ち受けてるんじゃないか?とか妙に勘ぐっちゃって、落ち着かなかったんですよね(笑)
こんな胡散臭いエロシーンも珍しいというか、典雅さんらしいというか(失礼)

あと小椋ムクさんのイラスト。
こちらも、天然に可愛らしすぎるくらい可愛い結哉と、カッコいいんだけどどこかアブナい(怪しい?)和久井の雰囲気がよく出ててすごく作品と合ってたように思います。

はあ~、絵も話もお値段以上に大満足の1冊でした♪


と、なんかあっさりした感想で申し訳ないですが、もう少しちゃんとした感想は花丸編集部経由で典雅さんに送ってオマケのSSペーパーをゲットしたいと思っておりますので、どうか悪しからずご容赦下さいませ。

本日の読書「美男の達人」(小林典雅)

益々BL色の薄くなった小林典雅さんの新刊は女性にモテるためのハウツーが学べる「美男塾」の講師と、彼に一目惚れして入会した郵便局員のお話でした…。

が、ラブに進展するのは、何かもう本の左側に殆どページがないような気がするんですけど?といった土壇場になってからで、しかも年度末の道路工事のように無理やり組み込みました感がありありなんですが、そこはまあ目を瞑ります。だって小林さんだし(笑)

で、ラブじゃなくて一体何が書いてあるのかと言えば、「そこら辺の男と結婚して多大な自己犠牲を求められるよりは旅行や語学や習い事やBL本(ここら辺自分チョイス)などに癒やしを求める未婚女性」に「この人となら結婚してもいいかも」と思ってもらえそうな男性になるためのアレコレです。

実際作者さんもあとがきで書いていらっしゃるように、本当にモテるには微妙な雰囲気の、ちょっとトンデモな講師陣によるちょっと怪しい講義なんですが、むしろ「こんな男性は嫌われる」というあくまでも女性の観点からの講義なので、その妙にリアリティのある具体例には共感しまくりでした。

ともすれば退屈になりがちな講義の場面が続くんですが、合間合間に少女小説が大好きな主人公のとぼけた感想や、講師への勘違い気味の思いの丈が語られたりしてるので飽きることなく読むことが出来ました。

読み応えはすごくありましたが、ただもう少し主役カップルの会話を楽しみたかったかな。
というか会話面で面白そうなのは塾頭と島田くんのカップルかも。
恐ろしく胡散臭い過去のモテ話を持つ塾頭が何の照れもなく甘い言葉を並べ立てて、純粋な島田くんを絡め捕るお話をサイドストーリーで入れてくれたらよかったんですけどね。

本日の読書「老舗旅館に嫁に来い!」(小林典雅)

ついこのあいだ前作を読んだばかりでも待ち遠しかった小林典雅さんの新刊。

あとがきにもありましたが実に三年ぶりになるそうです。
ということは私の二年半のBL歴より長いブランクな訳で、この濫発気味なBL業界の中において本当に稀少な存在だと思います。

ご本人は一般受けしないと書いてらっしゃいますが、やはり待ち望んでる方が多かったのかシャレードパール文庫の創刊ラインナップとしての刊行です。
しかも記念小冊子に収録されているページ数は他の方の四倍だったりします。

が、肝心の本体ちょっと薄くないですか?
これまでのシャレード文庫の約半分…。まあ、そういうコンセプトの文庫ならしょうがないんですが、ちょっと淋しい気もします。

さて。今回は老舗旅館の跡取り柊一郎とアメリカ人留学生ジューナという、やはり言葉遣いが不自由?なカップルのお話です。

メインが旅館における女将修行なので、二人が恋人同士になる経緯なんかは割とあっさり流してあります。

というか全編通して柊一郎の影が薄いんですよ。柊一郎の父で旅館の大旦那である龍之介や、あまりにもベタな京都弁を話す板長の奥平、台詞の中でしか登場しないのにいい味出してるジューナの友人フランツの存在が強烈で、本来クライマックスであるべき柊一郎とジューナのラブシーンが浮いて見える程です。
申し訳ありませんが、できれば龍之介とくっつかないかなと思ったくらい二人の掛け合いが面白かったです。

このジューナという名前もちょっと珍しいなと思いながら読んだんですが、これも後の方で大笑いさせていただきました。
まるで温泉に浸かったかのように、ほんわかさせられたお話でした。

いや、ほんまええセンスしてはるわ~、小林典雅さん。
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。