スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「宇宙に海」(真崎ひかる)

真崎ひかるさんの新刊はキラキラしたイメージの高校生ものでした。

親友としてずっと側にいた男が、ある時衝動を抑えきれずに秘めていた思いを告白したり実力行使に出る…という話は大好物です。

我慢してこそ、辛抱してこその両思いです。
男の子同士が簡単にくっついてばかりじゃあ、何の醍醐味もありません。

ではなぜ思いを寄せる側が我慢しなければならないかというと、まあ前提として
「男性同士の恋愛は歓迎されない」
というのもありますが、それにも増して、
「思いを寄せられる側が鈍い」
というのがあるように思います。

というか、思いを寄せられる側が鋭いと簡単に親友の思いに気付いてしまうので、我慢する必要自体がなくなってしまうのではないかなと。

で、本作の主人公真帆ですが、この子も見事に鈍いコでした。
幼馴染みの暁成の捨て身のキスも告白も訳が分からないまま逆ギレして絶交宣言しちゃってます。

まあ、相手が側にいなくなってから自分の相手に対する思いを認識する…というのはパターンなので、当然このまま離れ離れで終わってしまう訳もなく、その後真帆の家庭の事情やら何やらですったもんだがあって、勿論最終的にはくっついてめでたしめでたしになるんですけれども。

(ここから、ちょっと私のナナメ目線の感想となりますので、未読・既読に関わらずご注意下さい)


この、すったもんだの際に暁成が真帆に差し伸べた救いの手ですが、これ、暁成本人の「好きなヤツが困っていたら、どうにかして助けたい」「見返りを求めたわけじゃない」なんて言葉をそのまま受け取ってしまってよいのかというと、そうでもないような気がするんですよねえ…。

暁成のような頭のいい恵まれた環境にある男が、混乱した勢いで「絶交」なんて言い出してしまう真帆を簡単に諦める訳がないと思うんですよ。
ていうか諦めるくらいなら、それまでも我慢を重ねないと思うし。
直接会わない間も実は真帆の交友関係とかはぬかりなく目を光らせていたのではないかなあ?

そんな暁成の本音がちらりと語られてますね。

「俺の本性は自分勝手で冷たいよ。真帆に嫌われたくなかったから、気弱なお人好しを演じていただけなんだ」

…この演技を過去のものにしてしまってはいけません。
真帆は現在進行形でまんまと引っかかっているハズ。
だって真帆は基本的に鈍感なんだからね~(笑)


…と。
すいません、読んでる時は素直に暁成の行為は純粋な好意として受け止めてたんですが、こうして感想を記事にまとめるうちに、自分好みに変換されてしまっていたようです(笑)

一度は恋を手放したかのように見せて、その実虎視眈々と相手を確実に手に入れる機会を狙う。

こーゆー腹黒攻と鈍感男前受の組合せ大好きです。

そんなわけで、少々ねじれてしまいましたが、楽しい作品でございました。
スポンサーサイト

本日の読書「朧月夜に、あいたい。」(真崎ひかる)

うーん、この週末、未成年受を続けて読んでしまいました…。

未成年でも年下わんこ攻や同級生同士とかは大好きですが、どうもいい年をしたオトナがいたいけな少年に手を出すという構図は私的にはあまり好ましくはないですね~。読後感がもやもやしてしまいます。
(それでも面白い作品もありますけど)

この「朧月夜に、あいたい」の場合、主人公の啓杜が気が強いカワイコちゃんタイプで、お相手の相原もちょっとうすらぼんやりした頼りなさげな雰囲気のオトナだったので、途中、これで年下攻だったら楽しいのになあ~と期待しましたが、幽霊の真似をして女装して、周りから似合うと言われるような男のコは順当に受ちゃんでありましたよ。(女装攻ならずで残念!)
攻の相原が結構エロオヤジだったのが意外かな。(ま、陰の職業柄でしょうかね)

啓杜の夜遊び仲間の存在が何だか中途半端だったような気もするのですが、あとがきによると次回作が相原の友人である友坂編らしいので、そのあたりでまた関係してくるのかなあ~と勝手に思ったりしてます(笑)
(全然関係ないかもしれないですが)

本日の読書「淡雪」(真崎ひかる)

昨日は仕事が終わるや赤坂へダッシュ!お芝居を観てました。
6時30分開演で終わったのは10時。
長い。
長いよ、「リ○○ード三世」。
言いたかないが、最近同じ姿勢で2時間以上座っているのが苦痛なのだ(泣)
ええ、ええ、もう年ですよ。分かってますよ。
でもライヴにはまだまだ通うけどね(笑)3月の某バンドのチケットも確保済みなのだ♪

さて、そんなオバサンにはキラキラ眩しかった高校生ラブの感想をば。
真崎ひかるさんの「淡雪」です。

先日感想書いた「白雨」「慈雨」のリンク作です。
こちらでは明るくやんちゃな印象だった佑真と武川が実は結構ヘビーな環境にいたのが意外でした。
というか、この2人ってまだ付き合ってないんだとばかり思っていたので、「淡雪」の方が「白雨」よりも先のお話だったのには驚きでした。
…なんだ、もうヤッてたのかよ(←暴言)

あ、でもそれは私の勝手な勘違いでの感想なので、「淡雪」自体はせつない系のいいお話でしたよ~。

バイト先の先輩後輩。
高校も同じで3年生と1年生。
ちょっと可愛い系で危なっかしくて幼く見られがちな佑真と、身長も高く落ち着いた態度としっかりした振る舞いで年齢よりも大人に見られる武川。

こんな好対照の2人がなかなか互いの気持ちを打ち明けられずにやきもきする…なんて展開を想像してたのですが、思ってたよりは暗い展開のお話でしたね。
つーか、このシリーズの登場人物はどうも親との縁が薄いようです。
それが同性に惹かれてしまうことに影響しているのかは分かりませんけど。

しかし、先に「白雨」「慈雨」を読んだせいで、好きな子につい憎まれ口を叩いてしまうちょっと恋愛には不器用な印象のあった武川が、激情に駆られて学校の玄関で佑真にちゅーした挙げ句告白するなんて行動に出てたとは、いや人は見かけによらないな(笑)
佑真も学校とかでは明るく振る舞いながらも色々悩みは深かったですしね。

なんかこう書くと救いのないような暗いお話のような感じですが、そんな深刻なことも最悪な事態も発生しない、まあ高校生らしいお話でしたよ。
特に初えっちの時、武川が佑真に言った台詞なんか、半世紀前の少女マンガ並みに気恥ずかしかったです(笑)

本日の読書「白雨」「慈雨」(真崎ひかる)

何故か立て続けに真崎ひかるさんを4冊読みました。
理由はハッキリしませんが、ブームってほどでもないので、これで一段落すると思います(笑)

で、その4冊のうちの2冊がこちら。
「白雨」と「慈雨」です。

高校生の頃、熱病のように互いを求め合った2人が8年振りに再会するお話です。
読んでる間、妙に可南さらささんの「水に眠る恋」を思い出してしまったのは、高校時代の2人の関係が似てたからでしょうか?(攻の家がお金持ちで2人の仲を金で裂こうとするところとかね)

でもこのお話の要はなんといっても攻の息子である隆世の存在ですね。
万札1枚握りしめて受の経営する焼菓子店におつかいに通ったり、瀕死の(?)父親を助けて欲しいと涙をこぼしたり…。
いや、勿論これは子どもの純粋な気持ちから出た行動ですよ?私が書くと何となく胡散臭いですけど(笑)

主役カップルですが、こちらはまあ、再会ものとして順当な展開でラブラブになっております。
続編の「慈雨」の方では恋のライバルらしき人物と音信不通だった受の母親が登場したりしてますが、そんなに大きな障害にもなることもなかったですしね。

タイトル通りのしっとりとしたお話でなかなかよかったです。

…が、この前に読んだノベルスはあんまりでした。
単価が高いノベルスがイマイチでお手頃価格の文庫の方が面白いと金を払う側としてはちょっと複雑な気分…。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。