スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「ブラコン処方箋」(うえだ真由)

「Missing You」の主人公優奈の兄で、最後の最後まで弟と親友の恋を祝福しなかった重度のブラコン和紀の恋のお話です。

恋のお話ではあるんですが、それと同時に散々弟に「同性愛は幸せになれない」と説教していた男がようやく弟の幸せを認めるようになる巣立ちのお話でもあったみたいです。

障害を持つ弟のために、人一倍"お兄ちゃん"として頑張ってきた和紀のお相手は、ルックスも医師としての技量も、人間としての器も少しずつ和紀の上をいく3つ年上の京悟でした。
まあ、これ位の男じゃないと和紀を甘やかせないし、和紀も甘えないられないということなんでしょうね。

2人の会話を読む限りでは京悟はそれまでは普通に女性とばかり付き合っていたらしいのですが、これってホントかなあ?
仕事も忙しいし、まだ結婚するつもりがないから特定の彼女がいないという京悟の言い分を、和紀は自分もそうだからとあっさり信じてますが、これってBLにおけるゲイの職場での言い訳のテンプレですよね(^^;)
じゃないと、その気がないもの同士で酔った勢いはキビシくないですか?

弟の幸せを願う余り狭窄な価値観に捕らわれていた和紀が、自分も同じように男性と関係を持ってしまって少しは気持ちに変化があったのか、優奈とその恋人の克治の様子を見て、ようやく弟の自立を認めるようになります。
というか本当は解ってはいたんだけど気付きたくなかったんだと思うんですよね。
それが第三者でもあり、自分を好きと言ってくれる京悟の前では、もう目を逸らすことが出来なくなったのではないかなと。

ずっと弟が幸せになれるようにと心を砕いていた自分の手を優奈の方はもうとっくに放して自立していて、その上で克治の手を取っていたことを、こみ上げてくる寂しさとともに受け入れていくくだりは読んでてじーんときちゃいました。
まるで花嫁の父状態。

和紀にとって最も認めたくなかった優奈の恋を許した以上、自分の京悟への恋心を認めるのは案外簡単だったみたいで、その後はあっさりオフィスラブへと進展していってます。

「Missing You」のように健気なようで実は結構我が儘な受の話はちょっと苦手でしたが、こちらのお兄ちゃんの話はよかったです。
いや、お兄ちゃんも結構人の気持ちに付け込んではいるんですが、その分京悟にいいようにヤラレちゃってもいますからね(^^;)

欲を言えば京悟視点のお話もよみたかったかな?
でも病院や医療の描写もしっかりしていて、職業BLとしてもいいお話でした。
スポンサーサイト

本日の読書「スノーファンタジア」(うえだ真由)

「ロマンスの黙秘権」で、ぐっと私と友人Yの評価が上がったうえだ真由さん。やはりディアプラス文庫のあさとえいりさんイラストということで読んでみました。


―――もし、思いを打ち明けることはできなかったけれど好きでたまらない相手が、突然記憶を喪って、自分のことを恋人と勘違いしたらどうしますか?―――


このお話の主人公は記憶を喪っている間だけでもいいからと、恋人として過ごすことを選びました。


この偽りの恋人期間は「スノーファンタジア」というタイトルが示す通り、主人公・里央にとって都合の悪い部分を陽史の記憶喪失という雪で覆い隠している間の儚い夢のようなものです。
里央もそれはよく分かっていて、陽史を騙している罪悪感に苛まれながらも、この甘い夢を手放すことがなかなか出来ません。
それでもようやく気持ちに整理をつけ、陽史のために本物の恋人との再会の場を用意します。そして、それをきっかけに全ての記憶が戻った時、陽史が選んだ相手は………。
読めば分かります。というか読まなくても分かりますね、BLですから。

あさとえいりさんの可憐なイラストとうえだ真由さんの思い入れたっぷりの文章に騙されて、途中までは主人公に同情しながら読んでいましたが、やはり里央の取った行動はあまりよろしくないのではないかと。
本物の恋人である女性の立場を考えると許されることではないですよね。
でも、そこに女性側のある事情を絡めることにより、里央も、そして恋人を裏切った形の陽史も、そんなにたいそうな罪悪感を抱かずにすむようにはなっています。
でも、ちょーっと納得いかないですけどね、私は。

こないだ読んだ「Missing You」もそうでしたが、かわいくていじらしい受のせつない感じのお話が、うえださんはお得意なのかしら?特に好きなパターンではないのに、気がつくと感情移入してしまっている自分がいました。

先に「モニタリング・ハート」とか「じれったい衝動」を読んでいたので、うえださんの印象ってイマイチだったんですが、こちらの方が逆にイメージとは違うお話だったのかしら?

うーん、もう少し他の作品も読んでみたいと思います。

本日の読書「ロマンスの黙秘権」(うえだ真由)

さて。
うえだ真由さんの「ロマンスの黙秘権」の感想です。
ディアプラス文庫で3巻と番外編が同人誌で出ています。

こちらで見かけた記事がきっかけでまとめ買いしていましたが、なかなか読めなかったのです。

小さな弁護士事務所に勤める深見准己と早瀬啓の二人が互いの弁護士としてのスタンスの違いを認め合いながら恋愛関係を育んでいくお話です。

2時間のサスペンスドラマを意識していたとのことで、それぞれお話のメインとなる弁護依頼があり、それに取り組む二人の対立や協力などを描きながら恋愛も進んでいく感じです。

交通事故の加害者側の弁護や強制認知、多重債務などが取りあげられていますが、丁寧に取材している感じで、少々御都合主義なところもないではなかったですがどれも面白かったです。

同人誌の番外編も、元々は文庫の3巻にあたる部分に予定されていたお話ということで読み応えがありました。

とゆーか、これ本編の4巻として出した方がよくないですか?というくらい話の構成もよかったし気になってた2人のその後もちゃんと描かれてました。
表紙イラストもあさとえいりさんが描いていらっしゃいますし、かなり充実した同人誌ではないかなと。

BLでは稼ぎのいい弁護士はよく登場する職業ですが、この作品のように弱きを助ける貧乏所帯みたいなのは珍しいのではないでしょうか。

仕事ぶりが丁寧に描いてある分ラブ的にはちょっとあっさりな感じもしましたが、それぐらいの方が話のバランスとしてはよかったような気もします。

うえだ真由さんの作品は以前にも読んだことがあったんですが、なんか中途半端な印象しかなくてあまり買う気のしない作家さんだったんですが、これを機にまた他の作品も読んでみたいと思います。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。