スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の観劇「ザ・漱石」(花組芝居)

今日で8月も終わりという金曜日、観に行くか悩んでいた舞台に出かけることにしました。

劇団「花組芝居」のお休み中に有志でつくる舞台で、お題は『ザ・漱石』。

ご贔屓の役者さんが出ないので、ギリギリまで決断出来なかったのですが、そういえば今年は映画『夢十夜』、ミュージカル『アイラブ坊ちゃん』と、なんだかんだで漱石関連を見ているのを思い出し、ならばこれで漱石3部作として締めようと勝手に納得し、結局当日券で見ることにしました。

いまだによく分からない新宿のJRと小田急の連絡口をクリアして、下北沢の『劇』小劇場へ。
ロビーでCDなど購入して席に着きました。
小さい劇場の最後列ど真ん中というなかなかよい位置でチラシをチェックしてるとほどなく開演。

内容はすごく大ざっぱに言うと、漱石とその周りの人々とのやり取りを虚実織り交ぜて、めまぐるしく展開させたもの。
その中で表現しようとした漱石像は特に目新しいものではなくて、逆に敵愾心剥き出しの鴎外や才能溢れる東北訛りの龍之介が魅力的だったかな。
理解力のない私は、この舞台で云いたかったのは何かいまいち掴みきれなかった感じだけど、そういえば漱石の作品も読んでるようで読んでないし、読んでるハズの作品の印象も結構曖昧なので、案外こんなもんなのかなあと思ったり。

とりあえず途中で放り出したままの『虞美人草』を読了して、それから『こころ』と『行人』も読み返したいな、とぼんやり帰りの電車で広告を眺めてたら、漱石朝日新聞入社100年とか書いてありました。

だから妙に漱石関連のイベントがあるのかな?それともただの偶然なんでしょうかね?
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。