スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「個人教授」(秀香穂里)

なんだかお久しぶりの秀さんの新刊です。

私的にアタリの少ないガッシュ文庫&軽い感じのやまかみ梨由さんのイラストということであまり期待しすぎないように読んだのですが、そのせいかうまく騙されてしまいました。

かなりネタバレしてしまいそうですが、こーゆー話は大好きなもので、感想書いてみたいと思います。

有名塾講師の俊一はかつての同級生祐介に頼まれ、弟の育美の家庭教師をすることになります。
高校生の頃俊一は祐介の性欲の捌け口とされており、その様子を盗み見ていた育美はその後実に7年間も俊一への思いを募らせていました。

勉強を口実に2人で会えるようになったのを機に育美は強引に俊一と体を繋げてきます。
最初は育美の若さと押しの強さに抗えなかった俊一ですが、次第に育美を受け入れていきます。
ところが2人の関係を知った祐介に職場へ通報されてしまい、俊一は講師の職を失ってしまいますが…。

が…俊一は幸せなんです。すべてが自分の思い通りになったから。

目次で「終わりの日」と「始まりの日」とあるのを見た時、「始まりの日」は後日談的なお話だろうと勝手に思ってたんですが、それが前者ではあえて語られなかった俊一の真実の告白だったとは…やられました。

いや、よく読めば解るはずなんですよ。実際読みながら俊一の行動のいくつかに違和感を感じていましたから。
それを伏線と思わなかったんですから、ちょっと侮ってたみたいです。ゴメンナサイ。

「終わりの日」で祐介に何もかもメチャクチャにされ、残ったのは育美の自分への執着心だけとなった俊一ですが、実はそれこそが他の全てを犠牲にしてでも手に入れたかったものなのです。

心理学の方に進まず塾の講師になったのも。
最悪な人格でイヤな思い出しかないにも関わらず祐介との付き合いを続けていたのも。
更には育美に祐介との関係を見られるようにしていたのも。
全ては育美を手に入れるための布石だったのです。

育美に執着されているかのような俊一の方が実は更に育美に執着しているという構図、そして育美をつなぎ止めるためにわざと「罪悪感」を抱くように仕向けた俊一の暗黒部分が何とも好みで。
どうも精神的に壊れかけててあんまり救いはないんだけれども当事者たちは幸せ~、な感じのお話が好きみたいです。

秀さん描くところの働く男達のぶつかり合い的恋愛話も勿論大好きですが、「黒い愛情」とか今回のように歪んだ愛情話もかなりいいですね。

次回作はどちらの展開でくるのか、またまた楽しみです。
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。