FC2ブログ

本日の観劇「怪談牡丹燈籠」(花組芝居)

池袋はあうるすぽっとで観て参りました。
花組芝居の「怪談牡丹灯籠」。
先日も書きましたが、三遊亭円朝の創作落語の舞台化です。
こういう日本人にはお馴染みのようでいて実は全体的な話があまり知られていない話をやらせたら本当にもう絶品ですね。
「婦系図」しかり「仮名手本忠臣蔵」しかり、そしてこの「怪談牡丹灯籠」しかり。

恋する男の元に毎夜訪れる女の幽霊話はあまりにも有名ですが、これに仇討ち話が絡んでいるとは全然知りませんでした。
そしてこの仇討ち話が見事に入り組んでいて面白いんだ!
こんな複雑な人間関係を15日間で語り切るという原作も勿論スゴいですが、これを2時間半くらいで一気に見せてくれる花組芝居もスゴいと思います。

シンプルなセットしかない舞台上で目まぐるしく場面が変わっていくのに、置いてけぼりを喰らうことなくお話にのめり込めてしまう。
ここまで疾走感を与えていてくれる舞台は私にはこの花組芝居くらいですね。

悪役が活き活きとしているお話って面白いものが多いですが、この「牡丹灯籠」もご多分に漏れず魅力的な悪役がてんこ盛りでした。
中でも妾ながら間男を引き込み挙げ句主人を殺させて逃げてしまうお国はカッコよかったですね~。ご贔屓の役者さんが演じていたので艶っぽさも倍増でしたし。

すごく満足度の高い舞台でした。

ところで全くの余談ですが、お話に出て来るお女中(メイド)の一人が腐女子という設定は会場が乙女ロード近くだからなのか、それともこのネタで神戸と札幌も回るのか気になるところです。
小道具(?)の同人誌もなんか本物っぽかったんですが…。
千秋楽も観に行くので、今度はその辺りもしっかりチェックしてきたいと思います(笑)
スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: