FC2ブログ

本日の読書「腐女子っス!」(御徒町鳩)

腐女子(つーか、年齢的にはとっくに年増なんだけれども・笑)の自覚がある人間にとって、タイトルに「腐女子」だの「BL特集」だのと謳ってある本は、意識しすぎなのか逆に手を出しづらい感じがすごくあるのですが、この本はそういった気負いもなくシンプルに楽しめました。

作家さん自身が別名義でBLを描いているせいもあるでしょうが、周囲にいらっしゃる腐女子の方々をリスペクトしてるんだなあ~というのが伝わってきて、ホント腐女子って素敵よね♪と言いたくなるようなお話です。

でも、主人公の女の子たちが腐趣味を持っていることを除けば、寧ろ王道と言ってもいいくらいの少女マンガですよね。

背が高くてボーイッシュなユキくんは、特技は男装コスだけど、内面はすごく女の子っぽいし。

スラリとした美人のめぐみは普通に男の子にモテるけれども、同人マンガ描きとしての活動はバリバリだし。

えりはちんまりした外見とは裏腹に、同人小説書きだけあって周りを冷静に観察してクールな物言いだし。

…と、ルックスも性格もバラバラな3人が腐女子であることを隠したりバラしたり、腐趣味を理解されたりされなかったりしながら出来たばかりの彼氏とイチャイチャする恋愛少女マンガです。

1巻には夏コミの様子なんかが描かれていて、うんうん、ホントこんな感じよね~とヲタ的エッセンスを満喫できましたが、2巻になると恋愛の比率が高くなるので、その点は若干物足りなかったかな?
でも文化祭についてのミーティングをしてる時の会話はよかったです。

「オタクなコスプレはTPOが大事ですから」
「腐女子の皆さんて結構体裁大事にするもんね」

実はついこないだ友人に付き合って参加した某イベントで気合い入りまくりのコスプレを拝見したばかりなので、あ~そんな感じだよね~と頷いてしまいました。
そう言えばその時友人に「合わせ」についてのレクチャーを受けていたので、作品の中のレイヤーな会話にもかろうじてついていけてたり(笑)

しかし、この作品のポイントとして、
好きな人に腐趣味を打ち明けられるか?
というのがあると思うのですが…。
作中では期せずしてみんなバレてたし、彼氏の方も理解してくれてましたが、実際にはバレてる人ってどれぐらいなんでしょうね~?
たまに乙女ロードなんかでもカップルらしき男女が仲良くBLコーナーを物色する姿を見掛けたりしますが、個人的には全然羨ましくないですね(笑)
いや、ひょっとしたらタケちゃん(腐趣味にも理解があるイケメンコスプレイヤー)みたいな存在なのかな?だったら、ちょっと羨ましいかも?(笑)

ま、考え方は人それぞれなんでしょうが、趣味も恋も両方頑張る女の子は素敵だなあ、と思えるお話でした。
…だからと言ってこれから恋愛活動に励む意欲なんてのは全くないんですけどね(笑)
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: