FC2ブログ

本日の読書「俎上の鯉は二度跳ねる」(水城せとな)

ほぼ一週間ぶりの本屋さん。
さぞ欲しい新刊が山積みかと期待していたら思ってたほどではなくて、つい購入予定になかった小説なんかも買ってしまいましたよ。
…ショコラとは相性悪いと解っていて何故手を出す、自分…。

さて。マンガの方はお目当てばかりだったのでどれも面白かったのですが、中でも格段に読み応えがあったのがこちら。
水城せとなさんの「俎上の鯉は二度跳ねる」です。
こんな分厚くて476円(税別)…、BLのぼったくり価格に馴れてきた身としては驚きでした。
それとも僅かな描き下ろしを目当てに一緒に「窮鼠はチーズの夢を見る」の新装版を買う人間がいることを見越してのこの価格なのか(笑)
まあ「放課後保健室」とかの少女マンガでも沢山の読者をお持ちでしょうから、発行部数が半端ないんでしょうね(あくまでも対BL基準)

前作の「窮鼠」は、もう何回も繰り返して読みましたね~。
一時期は手に入る著作を全部買い集めたりしましたが、ある時ふっと熱が冷めて、「窮鼠」と「ホーホケ」以外は手放してしまいました。
ある意味振り幅のある作家さんだと思いますが、面白いのは本当に面白いし!
「失恋ショコラティエ」もよかったなー。
「黒薔薇アリス」はファンタジーみたいだしまだ買ってませんが、今月2巻が出るらしいからその時また考えよう。

んでもって「俎上の鯉」ですが、読み終わって間もないし、上手く感想まとめられそうにありません。
つか、まとめる気ありません(笑)
こんな修羅場続きの男男カプと男女カプの話、ついてくだけで精一杯でしたから。(いや、ひょっとしたらついていけてなかったかも・笑)
なので、話の展開とかには特に触れるつもりもないんですけど、印象に残ったのが今ヶ瀬の周到な調教ぶり。いや、なんかすごく腑に落ちたというか、うん、いいね!こういうの(笑)
自分の粘着質な特性を活かした素晴らしい技だと思います(爆)

そしてまたラストのおまけマンガもよかったですね。
あれだけ揉めといてこれかよ?みたいな(笑)


水城さんの、こういう"毒"好きです。
スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: