スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常」(真行寺ツミコ)

真行寺ツミコさんは、こないだ買った「エンド オブ ザ ワールド」が初読みだったのですが。

可愛らしい丁寧な絵柄と、なかなか面白いお話で、何で今まで手に取ったことがなかったのかしら…?と不思議に思いながらカバー折り返しの既刊紹介を見たら納得。
こりゃあ見た目だけで敬遠してたハズだわ(笑)

そんな真行寺さんの新刊が本屋さんに並んでいたので、連れて帰ってきました。

「リヒテンシュタイン博士の華麗なる日常」。

書店では帯を見てなかったので気付きませんでしたが、よく見ると結構キワドイ…というか、既に博士のプリケツが披露されています(笑)

すごく頭がよくて世間知らずな超箱入りおぼっちゃま(ただし既に中年)のリヒテンシュタイン博士(無自覚ドM)と、その助手のシュミーアくん(優しい顔でドS)のアホエロストーリーです。
これといった事件もなく、単にリヒテンシュタイン博士の天然記念物並みの無知無垢ぶりを愛でるだけの作品です。

この2人の話だけでもそれなりに面白かったのですが、描き下ろしの「リヒテンシュタイン家のレポート」がよかったんだな~。
リヒテンシュタイン博士の異母弟デミトリ(博士をドMに調教した人物)がすごく存在感があって、彼のおかげで博士のキュートさがまた際立つ感じです。
作者さんのあとがきによると、
「機会があれば彼等サイドの話も描いてみたい」
とのこと。
リヒテンシュタイン兄弟の話、是非是非読みたいです~!

しかし、シュミーアくんは口元、デミトリくんは目元にほくろがあるんですが、これは何かの意味があるのかな…?
スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
プロフィール

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。