FC2ブログ

本日の読書「宇宙に海」(真崎ひかる)

真崎ひかるさんの新刊はキラキラしたイメージの高校生ものでした。

親友としてずっと側にいた男が、ある時衝動を抑えきれずに秘めていた思いを告白したり実力行使に出る…という話は大好物です。

我慢してこそ、辛抱してこその両思いです。
男の子同士が簡単にくっついてばかりじゃあ、何の醍醐味もありません。

ではなぜ思いを寄せる側が我慢しなければならないかというと、まあ前提として
「男性同士の恋愛は歓迎されない」
というのもありますが、それにも増して、
「思いを寄せられる側が鈍い」
というのがあるように思います。

というか、思いを寄せられる側が鋭いと簡単に親友の思いに気付いてしまうので、我慢する必要自体がなくなってしまうのではないかなと。

で、本作の主人公真帆ですが、この子も見事に鈍いコでした。
幼馴染みの暁成の捨て身のキスも告白も訳が分からないまま逆ギレして絶交宣言しちゃってます。

まあ、相手が側にいなくなってから自分の相手に対する思いを認識する…というのはパターンなので、当然このまま離れ離れで終わってしまう訳もなく、その後真帆の家庭の事情やら何やらですったもんだがあって、勿論最終的にはくっついてめでたしめでたしになるんですけれども。

(ここから、ちょっと私のナナメ目線の感想となりますので、未読・既読に関わらずご注意下さい)


この、すったもんだの際に暁成が真帆に差し伸べた救いの手ですが、これ、暁成本人の「好きなヤツが困っていたら、どうにかして助けたい」「見返りを求めたわけじゃない」なんて言葉をそのまま受け取ってしまってよいのかというと、そうでもないような気がするんですよねえ…。

暁成のような頭のいい恵まれた環境にある男が、混乱した勢いで「絶交」なんて言い出してしまう真帆を簡単に諦める訳がないと思うんですよ。
ていうか諦めるくらいなら、それまでも我慢を重ねないと思うし。
直接会わない間も実は真帆の交友関係とかはぬかりなく目を光らせていたのではないかなあ?

そんな暁成の本音がちらりと語られてますね。

「俺の本性は自分勝手で冷たいよ。真帆に嫌われたくなかったから、気弱なお人好しを演じていただけなんだ」

…この演技を過去のものにしてしまってはいけません。
真帆は現在進行形でまんまと引っかかっているハズ。
だって真帆は基本的に鈍感なんだからね~(笑)


…と。
すいません、読んでる時は素直に暁成の行為は純粋な好意として受け止めてたんですが、こうして感想を記事にまとめるうちに、自分好みに変換されてしまっていたようです(笑)

一度は恋を手放したかのように見せて、その実虎視眈々と相手を確実に手に入れる機会を狙う。

こーゆー腹黒攻と鈍感男前受の組合せ大好きです。

そんなわけで、少々ねじれてしまいましたが、楽しい作品でございました。
スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: