FC2ブログ

本日の読書「知らなくても生きていける萌えの話」(英田サキ)

うーん。

本日のお題である、英田サキさんの「知らなくても生きていける萌えの話」ですが。

これ、正直さくらさんのリクエストがなければ、取り上げることはなかっただろうなあ~。
だって、はずみで買っちゃったやつだから(笑)

実は私、「萌え」という言葉があまり好ましくなく、この本も、ついでに言えば「萌え男子がたり2」も全然買うつもりはなかったのですよ。

なのに、なんで買ったのかと言えば、イラストレーターさんのせい。
この2冊、それぞれ高階佑さんと奈良千春さんの「萌えの話」が拝めるという点では、買って損はありません!

という訳で、あまり期待せずに読んだ英田さんのエッセイと小説なのですが…。

…うん、まあ、予想通り、そんなに面白くはなかったかな(笑)

いやいや、だって、英田さんご自身もあとがきで書いていらっしゃるけど、自分の「萌え」を他人に解説するのはすごく難しいことだし~。
てか、BL作家に「萌え」を語れなんてミステリ作家に「トリック」を語れって言ってるようなもので、他人の既出のネタについては熱く語れても、自分のネタには語りにくいんじゃないかと思うのだけど・・・。
それこそ飯のタネな訳だし。

なので、萌えエッセイの歯切れの悪さはしょうがないとして、その分小説に期待・・・も、実はそんなにしてなかったり(笑)

というのも、英田さんって、すっごく面白い作品(主に長編)を書かれるかと思えば、すっごくくだらない(まあ、この辺のイメージは読み手によっても変わると思いますが)作品(主に中短編)を書かれることもありまして~。
この「知らなくても生きていける萌えの話」を手に取った時に私が予感したのは後者のイメージで、で、実際に読んでみてもそうだったというかね(笑)

・・・あら、やだ。
なんか、すっごく辛口になっちゃったんじゃない?
だから、取り上げたくなかったのに(笑)

まあ、でも、まだ全ての英田作品に出会ってないさくらさんには、この本よりも「エス」とか「デッドロック」シリーズをまずはおススメしたいかなあ。
なので、今度お財布に余裕があるときは、是非そちらもチェックなさってみてください(笑)
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: