FC2ブログ

本日の読書「氷面鏡」(水原とほる)

タイトルとあらすじと表紙イラストから想像したとおりのお話でした。
ちなみにキャラ文庫のHPからコピペした内容紹介文がこちら。

『忙しい母の元で育ち、ほとんど二人で暮らしている一卵性双子の高校生・水上陸と郁。
いつしか自分の分身のような相手と性欲を満たすことを覚えてしまった二人だが、年々執着を増し、暴力を振るう兄・陸に対して、郁は不安感を抱き始める…。
そんなある日、郁は年上の男・見城と知り合う。郁を優しく癒してくれる見城に、急速に惹かれていく郁だが・・・。』

…だから内容に文句を言いたいわけではないんですけれども、それでもやはり陸視点のお話も読んでみたかったかなあ…。
あるのかしら?そーゆー予定が。
だったらよいけど、ないと何だかバランスが悪くないですかね?(双子ちゃんですし)

度を超えた兄弟の独占欲ってのが割と好きなんです。
なので陸贔屓な目線で読んでしまったからか、どうも郁の正論が鼻についてしまってしょうがなかったんですよね。
二人の関係がこうなった理由を全て陸の不安定な性格に押しつけてるような気がして、お話では見城という心強い年上の恋人が出来た郁は陸を許すような感じに落ち着いたけど、陸をここまで狂気に追い込んだのは郁自身ではないのかな、と。
そのあたりが郁視点だと(当然と言えば当然なんですが)抜け落ちていて、ちょっと陸が可哀想でした。

で、実は私、そんな陸くんを不憫に思うあまりか、お相手を脳内で勝手に作ってしまっていたんです(笑)

その彼は陸の高校の同級生で、郁への歪んだ執着ごと陸を愛してくれているんですね。
でも郁と勉強のことしか頭にない陸は彼のことを殆ど気にも留めていない。
しかし郁の兄離れを機に少しずつ周囲にも目を向けるようになった陸はその彼にも心を開き始めます。
そして京都の大学に共に進むことを決め、新たな恋に踏み出そうとした陸ですが、ふとしたことから幼い頃に母と別れた記憶にもない父が彼の父親であることを知り…。

って、これじゃあ陸を幸せにしてあげたいのかそうでないのかよく解らない妄想ですね(笑)
や、でもお気に入りのキャラほど苛めたくなると言うか、そーゆーことですよ(笑)


いやしかし、何だか感想にもならない駄文になっちゃったなあ・・・。
お目汚し、申し訳ございませんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: