FC2ブログ

本日の読書「陰猫」(水原とほる)

とある歌を聴きながらぼんやりと、
今は男のやせ我慢なんて流行らないんだろうなあ。BLでも、どいつもこいつも簡単に好みの男に手を出してやがるもんなあ…
などと考えていたら、まさにこのやせ我慢のしどころで恋愛の明暗がくっきり分かれた作品に当たってしまいました。
水原とほるさんの「陰猫」です。

水原さんの作品は奈良千春さんのイラスト目当てで買った「窓」以来です。
痛そうな作家さんなので何となく敬遠してるんですが、最近は刊行ペースも早いしそんなに痛くない傾向にあるのかな?
この「陰猫」もあっさりと読むことができました。

結婚式直前に婚約者に逃げられた会社員雅幸が、いつの間にかその弟の綱紀と恋に落ちるお話です。

雅幸は女性にはあまりモテなくて、合コンで知り合った女性と割と簡単に結婚を決めてしまうような抜け作くんですが、その代わり男性にはある種のフェロモンが作用するようで、同時期に2人の男から言い寄られてしまいます。
1人は先述の綱紀、もう1人は入社以来の友人・当山です。

この当山、それこそ雅幸のためを思って10年間も自分の思いを隠してきましたが、雅幸の破談騒動を機にとうとう気持ちを打ち明けてしまいます。

が、時既に遅し。

その時にはもう雅幸は綱紀に喰われてしまっていたのです!
嗚呼、哀れなり当山!

一応お話では雅幸は綱紀だからこそ好きになったみたいな表現がなされていますが、この男の流されっぷりとお人好し加減から考えると、やっぱり先にやっちゃったもん勝ちだったんじゃないかなあ、という気がします。
だからこそ我慢も何もなくがっついた綱紀に負けてしまった当山が気の毒で気の毒で。
酔った勢いでやっとけばよかったのにね~とかも思ったんだけど、そういえば雅幸って飲めない男だから当山の付け入る隙が無かったのよ!
当山、どう転んでも勝ち目のない…。

ま、そんなわけで、やせ我慢なんてするもんじゃないね、としみじみさせられてしまったお話でした。
ちょっと当山に肩入れし過ぎた感想なので、実際の話とは印象が異なってたらゴメンナサイ(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: