FC2ブログ

本日の観劇「サド侯爵夫人」

男ばかりの劇団花組芝居の主宰者加納幸和さんと、篠井英介さんの実に18年ぶりの共演ということで観に行って参りました「サド侯爵夫人」。
このお二方を始め登場する6人の女性全てを男性の方が演じておられます。

三島由紀夫原作のこの戯曲、もしも女優さんが演じておられたら生々しくて観るのが辛いだろうなあ、とまず思ってしまいました。
男性が演じるからこそ、登場人物たちのえげつなさや利己的行動も客観的に観ることができたというか。
ある意味BLを楽しむ感覚と似ていますね。
嘘臭い部分に救いがあるような感じです。

場面転換や大きな動きなどはなく、話の中心人物でありながら結局登場しないままのサド侯爵の起こしたスキャンダラスな事件やその人となりが他人の口から語られるような形で舞台が進行するため、ものすごい台詞の洪水です。
最近3時から4時頃に猛烈な睡魔に襲われる悪癖があるため、いくつか台詞を取りこぼしてしまったのですが、それでも素晴らしく面白い舞台でした。

あと個人的に印象的だったのが加納さんの背中。
ちゃんと中年のおばちゃんの丸みのある背中なんですよ~。それでいて立ち姿は美しいの。
ドレスも一番可愛いデザインだったんじゃないかな?(←贔屓目?)

あ、加納さんのことばかり語っちゃいましたが、このお芝居の主役はサド侯爵夫人ルネ役の篠井英介さんです~。
加納さんはその母親役でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: