FC2ブログ

本日の読書「恋に命を賭けるのさ」(鳩村衣杏)

クリーニング店を営む三佐和兄弟とそのお得意さんとの恋物語。
純情熱血青年の悠(兄)が憧れの任侠映画に出て来そうな雰囲気の長嶺と恋に落ちるのが「愛と仁義に生きるのさ」。
女にもモテて要領のいい透(弟)が長嶺の秘書新海に惚れまくってしまうのが「恋に命を賭けるのさ」です。

いかにも鳩村さんらしくクリーニング店のお仕事を生き生きと丁寧に描いておられて、思わず値段が高くても仕事が出来るお店を探したくなった程です。
お目当ての新海の眼鏡美人っぷりもよかったですし。

ただ何故でしょう。
私の中では鳩村作品のカップルって、そんなにポイントが高くないんですよね。
まだ全部読んだ訳ではないし気になる作品も多々あるので断定はしたくないんですが。

今回のもそれぞれのキャラクターや個々のエピソード(天麩羅屋で猫舌の透に熱々の揚げたてを強要する新海とか)はよかったのですが、じたじたしたくなる感動がないというか。

あとむやみやたらと登場人物が「ホモじゃないけど」と訴えるのも気になりました。
鳩村さんがこういう今更な台詞を書くのがちょっと意外な気もします。

でも最近結構気に入っている実相寺紫子さんのイラスト効果もあってなかなか楽しめる作品ではありました。
これからも私好みのカップルを求めて、ちまちまと鳩村作品を買っていくと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: