スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「FLESH&BLOOD 15」(松岡なつき)

思ってたよりも早く出た「FLESH&BLOOD」の15巻。

一体これからどうなるの…?といったところで続いてた割には、簡単に現代に戻って和哉と再会できて、ちょっと拍子抜け。
まあ、確かにこんなことで手間取っていられる話でも展開でもないけれども。

しかし、やはり今回も読んでて海斗に感情移入はできなかったなあ。
それよりも、和哉やビセンテやレオが気の毒で気の毒で…!

特に和哉。
今回の海斗の帰還が、あくまでも16世紀では治せない病を癒やすためで、目的を果たしたらまた愛するジェフリーの元に戻るつもりと知ったらどんなにショックだろ…?
ひょっとしたら世知辛い現代にいるよりはと海斗と共に16世紀に行ってしまうかもしれないけど、その時海斗の横にいるのが自分以外の男だったら…。

うわー!その時の和哉の気持ちを思うと泣けてきそうだよ…。

これからしばらくは16世紀と現代と並行してお話が進むのかな。
一体どんな怒涛の展開が待っているのか、ちと想像もできませんが、少しでも長く和哉が海斗と過ごせる時間が続けば…と願わずにはいられないのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
そうかぁ。やっぱりあっさり戻るのですね。

>海斗に感情移入はできなかったなあ。
わかります。海斗も十分可哀そうな状況にあるけど、
彼のためにもっと可哀そうな状況に置かれている男がいるからね。

とくに毎回、和哉が…。
ジェフリーのことへ戻るなら、きれいさっぱりあとを濁さず去ってほしいものです。

No title

さくらさん、こんにちは。

>彼のためにもっと可哀そうな状況に置かれている男がいるからね。

あ~、ホントおっしゃるとおり!
ビセンテにしても和哉にしてもナイジェルにしても、わざわざカイトを選ばなくてもいいのに!って言いたくなるくらい気の毒ですよね~。

今回ジェフリーも結構悲惨な目にあってるんですけど、私は和哉とかビセンテとかレオにしか目がいかなかったみたいで(笑)

また次巻も早めに出てくれると嬉しいですよね~。

ではでは、コメントありがとうございました!
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。