スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「天国より野蛮」(かわい有美子)

かわい有美子さんのリンクス新刊は、なんか独特な雰囲気の作品でした。

ヴィクトリア時代のイングランドを舞台にした、BLというよりもゴシック小説といった方がしっくりくるお話で、緒田涼歌さんのイラストも悪くはないのだけど、もっと無機質な、例えば下村富美さんあたりだともっと作品のイメージに近かったような気もします。

ある夜に見かけた神学生・セシルに興味を抱いた堕天使で高位の悪魔・オスカーは、自らも神学生の姿となってセシルに近づき誘惑します。
容易く陥落した肉体とは逆に、なかなかセシルの心が掴めないオスカーは次第に真剣にセシルを求めるようになり…。
というお話です。

何故オスカーがセシルに惹かれたのかは、途中でなんとなく見当はつくのですが、本編がその説明だけで終わってて、そんなにドラマティックに2人がくっつく…って展開ではなかったのが、ちょっと物足りなかったです。
(もっとセシルを巡って大掛かりな争いに発展するものとばかり思い込んでたので・笑)

あと、本編以外にも小品2作が収められているのですが、これらを読んで「蜘蛛の糸」と「ポーの一族」を連想してしまうのは私だけではない…かと(笑)

まあ、細かい部分では、あれこれ思うことがないではないですが、雰囲気自体はすごく楽しめた作品でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。