スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の一気読み「慈英×臣シリーズ」(崎谷はるひ)

↓の記事では、臣と慈英のシリーズと書きましたが、正しくは慈英×臣シリーズだったみたいですね。

既にフェアのカードは2種類ともゲットしてたので、急いで買う必要はなかったのですが、うっかり読み始めたら止まらなくなっちゃったので、残りの2冊も買ってきてしまいました…。あう。

そういうことで、シリーズの感想など5冊まとめていっちゃいます。



「しなやかな熱情」

慈英と臣の馴れ初め編。
初めての個展の頓挫で傷心の慈英が、目的もなく訪れた長野で出会った刑事の臣に運命の恋をし、押しかけ女房的に住まいとアトリエを長野に移すまでのお話。

蓮川愛さんのイラストとカバー裏のあらすじから、なんとーなく、しっとりとした美人受と大ざっぱでワイルドな攻とをイメージしてたんですが、実際は、ちょっと卑屈系淫乱襲い受と、無関心と執着心の落差が激しい天才肌年下攻の組合せでした。

見た目とのギャップが激しい受キャラが大好きなので、暗い過去を抱えてたりとか若干重いお話ではありましたが、楽しく一気に読めました。


「ひめやかな殉情」

上にも書いているような、慈英の偏った性格がクローズアップされたお話。

慈英に執着する男や過去カノなんかが出て来て、何だかんだと揉めてますが、要は慈英には臣しか目に入らないんだよ、ということを確認しただけのお話。


「あざやかな恋情」

昇進試験に合格後、田舎町での駐在所生活に突入した臣。
勿論もれなく慈英もついてきてます。
そんな穏やかな生活の中、今度は臣のアイデンティティを揺さぶる謎が浮上しますが、慈英の支えもあって無事解決して、めでたしめでたしなお話。

熊本の酒が出て来てちょっと嬉しい驚きも(笑)
でも発熱中のエロ行為は私的にはNGでした。(ちゃんと体休めろよ)


「やすらかな夜のための寓話」

主に同人誌発表作を集めた短編集。
エロ比率が高くて、殆ど読み飛ばしてしまいましたが、特に問題はなかったようです(笑)


「はなやかな哀情」

シリーズ最新作。
ラブラブカップルのシリーズがある程度続くと出て来る通過儀礼のような記憶喪失もの。
BLでは、攻が記憶をなくしては、男の恋人なんか冗談じゃないと受を傷つけるパターンが多いような気がするのですが、受が記憶を失うパターンはあったかなあ…?

ただ、記憶を失った理由が判明した時、慈英の頭をどつきたくなったのは私だけじゃないと思いたいです(笑)

ところで、あとがきには「これからも慈英と臣をよろしく…」とあるんですが、記憶喪失までいったカップルの次のお話は一体どんな感じになるんでしょ?
想像はつかないですが、楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

SSカードの件でコメント下さったSさまへ

はじめまして。
コメントありがとうございました。
お返事を差し上げようかと思ったのですが、メールアドレスが見当たりません。(私の見方が悪いのかな?)
お手数ですが、このブログの片隅にメールフォームを置いてありますので、そちらからお知らせいただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
プロフィール

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。