FC2ブログ

本日の読書「獣の月隠り」(沙野風結子)

沙野風結子さんの「獣の月隠り」は、「獣の妻乞い」に出ていた(らしい)月貴と睦月のカップルと、もう一組のカップルの二本立て。

読み応えもあってなかなか面白かったんですが、ちょーっとだけ個人的に引っかかったのが、「パジャマ」の件。

月貴が睦月にパジャマをプレゼントする場面があるんですが、これが何かしっくりこない。
つーか、月貴が睦月にパジャマを贈る気持ちが分からない。

基本裸族の月貴が、パジャマをお揃いにしたかったというのはあり得ないし、
(実際事情があって裸体を隠す時もガウンだったし)
かといって睦月のパジャマ姿が超カワイイ!みたいなこだわりがあるようにも思えないし。

まあいいや、深く考えることでもないしね~。
とスルーしたのに、また出て来るパジャマ。
しかも、BL的には最大の山場とも言える、擦れ違っていた2人の心がやっと通じ合うシーンの直前にですよ。

ある夜の帰り道、睦月は月貴にパジャマを買ってもらいますが、その数は二年弱でなんと61着にもなっています。
1ヵ月平均で約5着。
マジで多すぎです。

こうなると、たかがパジャマと見過ごせません。
何故、月貴は、睦月に沢山のパジャマを贈っていたのか―?

睦月は単純に月貴の愛情表現として受け取って、数を把握しているほどに大事にしているみたいですが、それも完全には否定できませんが、しかし、なんっか月貴のキャラにはそぐわないんですよねえ・・・。
愛情表現なら、もっと他の物を選びそうな感じがするんですよ。

となると、パジャマは睦月ではなく、自分自身のため・・・?

と、ここで思い浮かんだのが、睦月の身代わりだった女性たち。

実は、睦月を愛するあまり彼を傷つけることを怖れていた月貴は、代わりに女性を抱くことである程度の欲望を発散させていたのですが、その際、睦月に与えたものと同じパジャマを女性に着せることで、睦月と女性とのイメージの同一化を図ろうとしていたのではないのかしら?
つまり、パジャマは月貴にとって、女性を抱くための重要なツールだったのでは・・・?

そう考えると、一旦睦月と別れた月貴が、女性に会いに行くのに、わざわざ同じ道を引き返した理由が分かります。
さっき睦月のパジャマを買った店に寄って、同じものを買わなければならなかったからです。

しかし、既に店は閉まっていた。
同じパジャマは買えない。
故に女性は抱けない。

だから、月貴はようやく覚悟を決めて睦月の元へと走ったんだ…!
(自分的にすごく納得)

…なんて、あの感動的な告白シーンを台無しにするような私の大嘘はさておき。
もう少しページがあったら、沙野さんらしいパジャマプレイを描いてくださっていたのでは?という気がしないでもないです(笑)

なんか、「獣の月隠り」を読んでない人は勿論、読んだ人にも意思いっきり味不明な記事になっちゃいましたね。
スイマセン(笑)

まあ、前回同様、気楽に読み流して戴ければ幸いです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: