FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「あっちとこっち」(腰乃)

前回のコミックスからそんなに間をあけずに出た腰乃さんの新刊「あっちとこっち」。

そりゃー、楽しみにしてましたとも!
発売日にはサイン会用のとは別に読書用の1冊をゲットして、浮かれ気分で読み始めましたとも。

それが。
何故。
今頃の感想UPなのかと申しますと…。

(小声で)自分的にいまいち盛り上がれなかったから。

だったりします。
(あ、念のため申し添えますが、あくまでも他の腰乃作品に較べて、ですよ)

おかげで、もやもやんとした気持ちを抱えたままで今日まできてしまったワケですが、しかし腰乃作品の記事を書かないのもどうにも落ち着かず、今回無理くりに盛り上がれなかった理由を分析してみたのですが、どうやら、
「登場人物がどちらも特にゲイという訳ではなかった」
ことが自分的に残念だったみたいです。

以前の感想でも書きましたが、私にとっての腰乃作品の最大の魅力は、ゲイの自覚がある人と、ノンケ寄りの人との際どい(身体を張った)攻防戦です。

しかるに。
今回の2人は。
社会人と高校生という立場の差はあれど、初めての恋、初めての男性相手のキスやえっちに一々狼狽えててしまうフツーの人たちです。

そりゃーその2人の初々しい戸惑いこそが本作のテーマだとは分かってますよ。
でも。
どーしても。
どーしても。
これまでみたいな開き直ったゲイの方々が繰り広げてくれた突き抜けた楽しさは味わえなかったんですよね…。

はあ…。
いっそ松坂さんがエビにしか愛情を感じないような変なヒトだったらよかったのに。
いっそ中島くんが…(以下自粛)

そんな訳で、なかなか感想が書けなかった「あっちとこっち」についての考察でございました。
こんな感想でホントにホントに申し訳ございませ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。