FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「偏愛メランコリック」(夜光花)

よく分からないタイトルと、蓮川愛さんのイラストにしては地味な表紙。
作家買いしてる夜光花さんの本でなければスルーしていただろう本作。
(実際本屋さんであまりの存在感の薄さに一度スルーしてしまってました)

当然何の期待もせずに読み始めたのですが、ところがどっこい(死語?)少なくとも2回は声を出して笑ってしまったくらい楽しませていただきました。


――出版社に勤める敦彦は、人形作家・夏目錬三郎との仕事にうんざりしていた。溺愛する人形に瓜二つだという敦彦の顔に異常な執着を見せる夏目は、ことあるごとに愛を囁き身体に触れてこようとする。理解できない言動と人形恐怖感に悩まされる敦彦だったが、人形を壊してしまった代償として、夏目と寝てしまう。後悔する敦彦に対し、一途で天然な夏目の愛情は暴走し始めて…。――


この裏表紙のあらすじを読んで、すぐにこの作品はコメディと分かった人を尊敬します。

確かに↑のあらすじでも間違いではないんですが、もっと作品の「笑える」雰囲気を分かり易く伝える工夫があってもいいような…。

それはさておき、人形作家夏目の、人の話を聞かない、ちょっと常識からハズれた思い込みの激しい言動がとにかく笑えます。
そして、その理解不能の言動の対象である敦彦のリアクションがまた一々笑えます。

最近は気力がないので、大概のBL小説のえちシーンは読まないで飛ばしてしまうんですが、この作品ではちゃんと読みましたし、笑わせてもいただきました。

現実では、会話が噛み合わない人との会話は苦痛でしかありませんが、夏目と敦彦の全然噛み合っていな会話はすごく楽しかったです。

…なんか、妙なテンションの感想になっちゃいましたが、まあ夜光さんの作品ですからね(←褒めてます!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。