スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のお買い物「本棚探偵の生還」(喜国雅彦)

今日のお目当てはこれ1冊だけ。

喜国雅彦さん「本棚探偵の生還」。

夏コミを間近に控えた今、何故1冊3000円近くする本を買うのかというと…。

欲しいからに決まっているじゃないですか!
だって、「本棚探偵の回想」から7年経っての刊行なんですよ!

しかし惜しむらくは、発売を知ったのが、サイン会の翌日だったこと。
うをををを~!
知ってたら飲み会なんか行かなかったのに~!
最近、ミステリ関係にはアンテナ立ててないからなあ…。

てな訳で、サイン会が開催された書店に3日遅れで立ち寄ってみたのですが、ふふふ、読み通りにありましたよ~、サイン本。
当然そちらをお買い上げ♪
(しかし、サイン会限定小冊子欲しかったなあ…)

そして、帰宅して早速サインを確認。
ああ、念願の本棚探偵シリーズの著者サイン本だあ…。

実を言えば私、喜国さんのサイン本は既に持っておりまして、その時は直にお話もさせていただいたのですが、何分、本が本棚探偵シリーズじゃないのが残念で残念で…。
というのも、私、(怒られるかもしれませんが)漫画家としてよりも本棚探偵としての喜国さんのファンなんですよ…。
すいません…。

で、今日の記事は「本棚探偵のサイン本を買った!」という記録だけのつもりだったんですが、サインの確認をした際、ついつい冒頭の2話も読んでしまったので(や、だって面白いんだもん)、軽くそれに関する感想など。

分かる方はお分かりかと思いますが、この本棚探偵のシリーズ、タイトルがシャーロック・ホームズの作品から来ています。
「本棚探偵の冒険」
「本棚探偵の回想」
そしてシリーズ3作目は当然「本棚探偵の帰還」だと思い込み、ネットでもそう検索かけていたのですが、実際のタイトルは「本棚探偵の生還」になっています。

「あれ?帰還じゃないんだ?ま、でも別に(私は)ホームズファンじゃないし記憶違いだったかな~?」とか思って中身を捲ると、

―帰還か生還か、それが問題だ

とあります。
成る程。どうやら私の記憶違いというより、どこから出版されていたのを読んでいたかの違いみたい。

で、それが如何にして「本棚探偵の生還」に落ち着いたかを書いてあるワケですが、これがまた面白いのよ。

「帰還」にするか「生還」にするか、関係各位に色々意見を聞いたりする中でホームズ研究家なる人が登場するのですが、この方のコレクションの基準がおかしくて!
いや、ご本人はすごく真面目にコレクションしてらっしゃると思うのだけど、そういうのって案外第三者から見ると…みたいなところを突っつくのが巧いんですよ、喜国さん(笑)
そしてギャグ漫画家らしく、ちゃんとオチを付けてくれるのもさすがです。


という訳で、大好きなこのシリーズ、楽しみを長く味わうべく、毎日少しずつ読んでいきたいのですが、気がつけば一気に読み終わっていたってことになりそうです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。