スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の読書「一途な独占欲」(吉田ナツ)

ふぁぁ、面白かった~♪
キャラの会話がテンポよくて、飽きることなく最後まで楽しく読めました。
吉田ナツさんの新刊「一途な独占欲」。

吉田ナツさんは作家買いしてるので、裏表紙のあらすじを確認することなく本編に取り掛かったのですが、今、感想書くためにちゃんと読んでみたら…。
あら…?微妙に違ってますよ…?

あらすじでは、長年片思いしていた幼馴染みに失恋した受ちゃんが、バーで出会った攻に口説かれ関係を持ったら、実は攻は取引先の社長だと分かった…。

と、ありますが、実際は違います。
違う上に、あらすじ通りの展開だとすると、受ちゃんと攻の関係の面白さ…みたいなものが、出てこなくなっちゃうような気がします。

実際は、既に一度会社で顔合わせした形になってて、バーに行ったのも、その時にチケットを貰ったからであって、本来、受ちゃんは、小洒落たバーに行くタイプの人間ではないのです。
税理士という職業柄もあるのか、自分に見あった居酒屋に行ったり、量販店で適当に服を買う堅実な生活をしています。

片や攻は、会社を担当してる税理士が好みの美形だと、簡単に誘いをかけるタイプ。
しかも、相手が失恋したばかりと知るや、バーのあるホテルに部屋を取り
(しかもロイヤルスイート)、口八丁で受を連れ込むことに成功します。

そう、このお話で面白いのは、受と攻の価値観の違い。

見た目ギリシャ彫刻みたいな美形なのに、全然それを自覚するどころか宝の持ち腐れ状態の受ちゃん。
見た目にこだわらないから、初恋の相手は性格重視の丸顔もふもふ君であります。

一方、攻は自分のルックスにも自信があり、生活スタイルにもこだわりがありまくります。これまでの自分の流儀でゴージャスに口説きまくりますが、もふもふ堅実派の受には、さほど効果はありません。
受ちゃんはまだ23歳と若いし、小学校からの初恋を引きずっていたので、恋愛経験もまったく無く、そこへ綺羅星の如く現れた攻に振り回されてメロメロになってもよさそうなものですが、逆に振り回されているのは攻の方だったりします。

体の相性は最初からバッチシなのに、生活スタイルや考え方が全然違う二人が、付き合って…というか、形の上では攻攻が受ちゃんを口説いていくうちに、お互いの価値を認めあって、でも自分の価値観はやっぱり大事で…みたいな感じになるのが、すっごくよかったです。

吉田さんの文章は読みやすくて、よいですね…。
するする読めるのに、内容がしっかりしてて、しかも面白い。
こんな作家さんは最近案外少ないので、これからも無理ないペースで書き続けていただきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
プロフィール

かりんこ

Author:かりんこ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。